« ********* durch Technik | トップページ | REGZA 32ZP2 »

2012.06.14

テレビ買うことにしました

アナログ停波から約1年。

磯野家ではまだまだ地デジ化されていないようですが、ウチは根負けしてついに地デジ液晶テレビを買うことにしました。
機種は東芝の32インチのZP2

去年のモデルとなりますが、ボリュームゾーンの多い32インチとしては数少ないハイエンドモデル。
新発売当初価格は約15万円だったところ、送料・税込み4.7万円で手を打ちました。
これはメーカが泣くのも分かる。

価格.comでは昨晩私がポチった直後から価格が急上昇し、1日違いで一気に5.1万円(6/14 23:00現在)まで上昇。

各店の在庫がなくなってきたところで底値を引けたようです。

結局、2年前に問題視していた地デジ画質については結局かなり妥協することに。(記事中の『②画質観点から』)

ZP2については、残像感やアニメ系の絵についてはかなり努力の後が見られるが、モスキートノイズやブロックノイズについてはもう、放送側の圧縮アルゴリズムが改善されない限りは受信側だけでのこれ以上の補正は難しそう。

あと、ZP2の残念な点としては、外付けUSB HDDに2チューナ録画できるのはいいとして、画質を選べなさそうっぽいので、画質を落として長時間の録画ができないっぽいことか。(500GBで45時間程度。)

録画映像を外部出力できないのも難点。アナログコンポジットでいいから1口だけでも付けて欲しかった。
(DTCP-IPダビングはできるが、対応機材を持ってない。)

まあ、録画はあくまでおまけ程度か。

あとは届いてから検証。

|

« ********* durch Technik | トップページ | REGZA 32ZP2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ********* durch Technik | トップページ | REGZA 32ZP2 »