« 2012年4月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年6月の3件の記事

2012.06.26

まあがんばれ。

こないだから世間を騒がせているファーストサーバ

今となっては、ご自慢のサービスも笑い話か。(実際には有償のこのサービスで取られたバックアップも消えたみたい。)
「ある時編」「ない時編」の4コマが泣ける。

有言実行の孫さんがそう言うんだから、ソフトバンクグループのファーストサーバの賠償金は上限が無いんだろうな。きっと。
「やりましょう。」って。

不可抗力ってわけでもなく、完全に人災だし。

ユーザ企業の担当者さん達、ガンバレ!!

| | コメント (0)

2012.06.17

REGZA 32ZP2

金曜日の午前中に届きました。
通販、早いね。

録画用HDDは会社帰りに2.5インチ500GBのTOSHIBA製ベアドライブとUSB外付け用ケースを購入。

画質にはまずまず満足。
残像感も少ないし、32インチでのフルハイビジョンだと大画面機よりもピクセル密度が高いため、ジャギー感も少ない。
このモデルのパネルはLG製のようだが、同じLG製の32インチフルハイビジョン機との比較でも画質の差は明らかで、東芝のハイエンド機の映像表現は良くやってると思う。

今日HDMIケーブル買いに電器屋に行った時に多機種店頭展示品との差をHIROMUが素で認識出来るほどなので、私だけでの思い込みではあるまい。

ただ、多機種よりは少ないものの、モスキートノイズは残っている。
しかし、もうこれはあきらめた。ちょっと離れれば気にならないことにした。


うれしい誤算はPanasonic製の3年ほど前の格安HDDビデオデッキ(DMR-XE1)が、HDMIでかなりコントロールできること。
PanaのVIERA LINKと東芝のREGZAリンク、それぞれ内部的にはHDMI-CECによる機器コントロールの
+αの拡張であるため、ある程度互換性はあるのは予想できたが、思ったよりちゃんと動くようだ。

若干がっかりポイントは、古いシャープのアナログのHDDビデオ(DV-HR450)からの接続。
デジアナ変換がCATV局のラインから来ているため、DV-HR450はまだ現役稼動しているわけだが、こいつからコンポジットビデオ端子で繋いだ場合、ブラウン管TVで見たときより画質が非常に悪く感じられる。

DV-HR450には映像出力としてD端子があるので、これで繋げば改善するかもしれないのだが、D端子ケーブルは\2,000くらいする。
\1,000くらいなら買ったのだが、今更の代物なので迷い中。
用途も主に子供達のアニメとかばっかりだし。


あと、一応、偏向メガネ方式の3D機能もあるのだが、試せるコンテンツが無いため、何もしてない。

LAN周りの設定も完了。
Eメールによる録画予約も出来る。
特定のメールボックスをポーリングして、本文の録画指示文字列を使う方式。
メールボックスはなんでもいいと思っていたので、GMailでアドレスを取ったのだが、POP3サーバのポートが変更できないことが分かり、別アドレスとした。(GMailのPOP3サーバはSSLありでポート995)

気になる消費電力はワットチェッカー測定で以下の通り
 標準:80W前後
 省電力設定の「減1」:70W前後
 省電力設定の「減2」:60W前後
「減1」、「減2」はバックライトが暗くなる。
とりあえず「減1」で使うことにする。

ちなみにこれまで使っていた25インチブラウン管TV(東芝25S99)だと、視聴中は約90W前後。
実際は12年前のブラウン管でもこの程度。
インチアップもあるため、液晶TVで節電みたいな劇的な軽減効果は無い。

それより、LANだの番組表だの録画だの機能が増えた分、待機中や視聴外でのデータ処理による電力は昔より多い。

| | コメント (0)

2012.06.14

テレビ買うことにしました

アナログ停波から約1年。

磯野家ではまだまだ地デジ化されていないようですが、ウチは根負けしてついに地デジ液晶テレビを買うことにしました。
機種は東芝の32インチのZP2

去年のモデルとなりますが、ボリュームゾーンの多い32インチとしては数少ないハイエンドモデル。
新発売当初価格は約15万円だったところ、送料・税込み4.7万円で手を打ちました。
これはメーカが泣くのも分かる。

価格.comでは昨晩私がポチった直後から価格が急上昇し、1日違いで一気に5.1万円(6/14 23:00現在)まで上昇。

各店の在庫がなくなってきたところで底値を引けたようです。

結局、2年前に問題視していた地デジ画質については結局かなり妥協することに。(記事中の『②画質観点から』)

ZP2については、残像感やアニメ系の絵についてはかなり努力の後が見られるが、モスキートノイズやブロックノイズについてはもう、放送側の圧縮アルゴリズムが改善されない限りは受信側だけでのこれ以上の補正は難しそう。

あと、ZP2の残念な点としては、外付けUSB HDDに2チューナ録画できるのはいいとして、画質を選べなさそうっぽいので、画質を落として長時間の録画ができないっぽいことか。(500GBで45時間程度。)

録画映像を外部出力できないのも難点。アナログコンポジットでいいから1口だけでも付けて欲しかった。
(DTCP-IPダビングはできるが、対応機材を持ってない。)

まあ、録画はあくまでおまけ程度か。

あとは届いてから検証。

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年9月 »