« ダウンライトのLED電球化 | トップページ | 琉球朝顔 越冬 »

2011.11.04

変換効率136.9% ついにオーバーユニティ達成!?

2011.11.04の朝日のシャープが太陽電池で世界最高の変換効率を達成との記事
インジウムやガリウムなどの化合物を材料とした「化合物3接合型太陽電池」で人工衛星スペックのものだが、なんと、世界最高の変換効率136.9%を達成とのこと。

136.9%だと!? ついにオーバーユニティ達成か!?

Robo20111104_1

いやいや...

元ネタはシャープのオフィシャルのニュースリリースのようだが、
Robo20111104_3
どうも、
Robo20111104_4_2

の部分で、コピペしたテキストで ※1 と 36.9% がひっついちゃったらしい。

しかし、ご丁寧にその後の全ての 36.9% の先頭に 1 を追加した挙句にタイトルにまで136.9%と付けちゃったのね。

書いてるうちに気づきそうなもんだが...
科学部の記者のレベルが知れる。

|

« ダウンライトのLED電球化 | トップページ | 琉球朝顔 越冬 »

コメント

朝日は、「永久機関を開発しました」って発表した詐欺科学者にまんまと騙されて、記事にした事がありますからね~。

投稿: 浜 杏 | 2012.01.12 06:33

浜 杏さんこんにちは。

日経なんかでもちょくちょくありますよね。
発明者の勘違い系から明らかに詐欺系まで。

投稿: いずみかわ | 2012.01.13 02:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダウンライトのLED電球化 | トップページ | 琉球朝顔 越冬 »