« 特命工作2 | トップページ | 大人の夏の工作(4) »

2011.08.03

特命工作3

サーバ室熱対策の続き。
Robo20110802_1ダクトパイプを取り付け。

これで完成。


Robo20110802_2サーバ背面のホットスポットより熱気を熱い内(拡散する前に)に吸い取り、天井裏に突っ込みます。

これにより、室内温度の上昇自体を抑えることができ、空調の負担を減らすことができます。


Robo20110802_3コンテナの設置は天井の排気穴のフィン部分に曲げたステーをひっかけ、長ネジを通してコンテナの底部に開けた穴に通して固定してます。

結果です。

・ラック内のディスプレイ付近温度
  34度→31度
・エアコン対面の壁付近
  32度→28度

まずまず成功と言えるでしょう。
8300円程度で、ドア開けなしでこの温度を保ってくれれば御の字です。
空調設備を変えるとなると数百万円クラスの出費が必要ですから。

サーバ室の適正温度は従来は、20度位などと言われていました。
昔いたところは結構大層なサーバルームがあったので、真夏でもめちゃくちゃ寒い程でした。(多分20度以下)

しかし最近では、冷却コストの観点からこの温度も見直されつつあるようです。

Googleは2007年に自社で使っている10万台の統計データから、「HDDの故障は温度や利用頻度とは無関係である」とのレポートを出していますし、最近でも「データセンターの空調は27℃で十分」としています。

つい最近のマイクロソフトとAPCの合同レポートでも「35度程度なら問題なし」とのことのようです。

実際、サーバのカタログ上は使用環境温度上限は35度となってるサーバが多いです。
最近NECで40度までOKのサーバが出てましたが、この環境下ではさすがに人間がやばいです。

|

« 特命工作2 | トップページ | 大人の夏の工作(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 特命工作2 | トップページ | 大人の夏の工作(4) »