« 特命工作 | トップページ | 特命工作3 »

2011.08.01

特命工作2

Robo20110801_1サーバ室の天井。

赤丸のところに設置して天井裏に熱気を積極的に排出するのが目的。


Robo20110801_2付けてみました。


Robo20110801_3別角度から。

あとはこの吸気口にダクトパイプを取り付け、サーバ背面の熱だまりから吸い上げます。

ダクトパイプは今日持っていけなかったので今日はここまで。

天井裏はオフィスにとも繋がっているので、熱気がオフィス側に流入することが予想されるが、元々ドアを開けて熱気をオフィス側に出したりしてたので問題ないでしょう。

|

« 特命工作 | トップページ | 特命工作3 »

コメント

力業ですねぇ(笑
うちのサーバー室もオフィス用のエアコンが4機綺麗にスクエアに設置されているため、吹き出しがぶつかり合う当たりは激しく熱が籠り
40度近く上がってるホットスポットが出来てます クリップつきの扇風機を数台設置して無理矢理空気動かしてますけども・・・エアコンの吹き出し口を目張りして、バランスを崩さないとだめっぽいです・・・

投稿: おんぼロードスタ | 2011.08.01 23:00

ロドスタさんこんにちは。

力技だね。
一応、今日の作業で完成だけど、ラック内側のLCD付近が34度→31度,
エアコン対面の壁付近が32度→28度となったのでまあ成功でしょう。

何年か前のGoogleのレポートによれば、HDDの故障確率は温度や使用頻度とは関係ない( http://gigazine.net/news/20070219_disk_failures/) そうだし、最近でも省エネのため、「データセンターの空調は27℃で十分」( http://www.computerworld.jp/topics/603/%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/182929/%E3%80%8C%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%A9%BA%E8%AA%BF%E3%81%AF27%E2%84%83%E3%81%A7%E5%8D%81%E5%88%86%E3%80%8D%E2%80%95%E2%80%95%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AB%E5%B9%B9%E9%83%A8%E3%81%8C%E8%AA%9E%E3%82%8B%E7%9C%81%E9%9B%BB%E5%8A%9B%E5%AF%BE%E7%AD%96 )とかだそうなので、まあ大丈夫でしょう。
MSとAPCの調査( http://technet.microsoft.com/ja-jp/windowsserver/hh272765 )でも「吸気温度35度までは問題なし」ってことらしいしね。

だとするとAPCはこれまで冷却ソリューションを過剰に演出してたことになるが、さて。

まあ、サーバ機はおよそ度のメーカも使用温度条件は35度くらいまでだし、ネットワーク機器類はカタログには50度までとか書いてるから。
でも、この温度じゃ人間が駄目だね。

投稿: いずみかわ | 2011.08.03 01:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 特命工作 | トップページ | 特命工作3 »