« 大人の千羽鶴 | トップページ | ビールにそんな効能が... »

2011.03.27

原発から最も遠い島?

某ハイパーメディアクリエイター氏が自身のBlog

『自著「サヴァイブ南国日本」にも、世界唯一の被爆国でありながら、地震大国の日本での原発の在り方は、いかに危険なものなのかを、明確に記した。』

と、素人でもできる論調を鬼の首を取ったかのように展開した上で、

『僕が選んだ場所は、国内であらゆる原発からもっとも遠い場所、西表島。』

との書き込みが話題となっている

西表島は確かに日本の原発からは国内で最も遠いかもしれないが、中国の原発からは国内で最も近いと言っていい。直線距離で400kmくらいだろうか。(もちろん与那国島や尖閣諸島もありますが。)
さらにもっと近くの台湾にも原発は存在する。こちらは直線距離で200km程度。
福島ー東京間より近く、風向きは西風が多い。

あらゆる原発からもっとも遠い』とあるので、多分知らないのだろう。
その程度の事も知らずに原発行政のなんたるかを論じて出版する等、わざわざ無知を自慢しているようでかなり恥ずかしい。

韓国では『中国から飛来した黄砂から放射線物質セシウム検出』とのニュースが流れている。

私も原発は嫌いで、今回の震災で福島の原発事故は非常に残念ではあるが、日本の原発と中国の原発、どちらかの近くに住まないといけないとするならば迷わず日本を選ぶ。


ちなみに、当の記事中にある『サヴァイブ南国日本』、非常に字が大きくて行間も広い「読みやすそう」な本でした。 昔、図書館にあったのをペラペラめくってそのまま棚に戻したのを覚えています。
確か、この先温暖化で日本もますます熱くなるので価値観やライフスタイルを変えましょうという感じの内容だったと思います。

|

« 大人の千羽鶴 | トップページ | ビールにそんな効能が... »

コメント

この時期空気の読めない?発言する人目立ちましたね・・
この間も原発の方は事態が全く収拾せず
石棺に移行してもいいんじゃないかと思いつつも
今でも冷却優先・・・もう配管やられてて無理じゃないかと
あの中で溶接させるのだろうか

東京は省エネ体制に突入
もう少し早くLED電球が・・・家庭発電が・・・
つなぎの火力発電でCO2排出量は一気に増えそうですね
最近 一気に歯車が狂ってしまった気がします
ここからどう立て直すのか
転んでもただでは起きない・・ですね

投稿: おんぼロードスタ | 2011.03.28 22:28

石棺はまだ無理じゃないですかね。
燃料棒溶融→圧力容器の底に溜まって再臨界→高温・高圧による圧力容器爆発→地獄の扉が開く。
の危険性を避けるためにも、現在の崩壊熱が治まるまでは冷却を続けるしかないかと。
解体も難しそうだしその後は石棺かな。

でも、チェルノブイリはパニック状態でむちゃくちゃに石棺化したためにその後の劣化が激しく、かといって解体処理もできずにセメントの上塗りをひたすら続けているとか。

報道では放射性ヨウ素については、特に子供の甲状腺ガンの発生率が上昇するとの解説が多く見られますが、放射性セシウムについては具体的な健康被害についての情報があまりありません。(今すぐ影響がでるほどの…みたいな説明のみ。)

セシウムについては、チェルノブイリでの影響が調査された結果があります。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/saigai/Lazjuk-J.html
http://c.fc2.com/imgs/http%3A%2F%2Fcnic.jp%2Ffiles%2Fche20_20060304imfr.pdf
ごく大雑把に言ってしまえば、染色体異常による先天性障害発生率が数倍になるといったところでしょうか。
妊婦さんやこれから子どもを産みたいと考えている女性の方には心配なデータです。

成人についても白血病についての可能性もありますが、広島・長崎での補償問題でもあったように因果関係の実証が難しいようですね。
(言い方を変えるとはっきり影響があると断言できるほどの有意な影響はないのかな。)

ただ、成人に関して言えば、煙草による肺癌リスクの方がはるかに高いようではありますので、東京あたりで煙草を吸ってる人は放射線については気にする必要はないのかもしれません。


しかし、日本においては原発はもう無理ですね。

太陽光や風力は基本的には主力にはならない(天候が悪い時のためにその分別に火力等の発電手段を確保しておく必要があるので、発電所を減らせるわけではない。まあうまく動いてくれればその分の燃料が節約できる程度。)し。
自然エネルギー系だと地熱くらいが有力でしょうか。

まあでも、今後しばらくはガスが主役かな。

とりあえずエコウィルとエネファームを大量導入から。

常時稼働させることを条件に補助金上積みする等して余剰分を売電できるようにすればかなり安定した電源として使えそう。
(現在はエコウィル,エネファームで発電した電力は売電できない。多分電力会社を保護するためのくだらない規制でもあるんでしょう。また、現在の製品は停電時は使えないのだけで、これを使えるようにしてくれればバカ売れしそうなんだけど。)

1台あたり平均0.5kwとして、100万台で50万kw。原発0.5基分か。

エネファームは2020年には累積140万台が目標らしいのでこれを前倒しし、エネファームより安くて簡単なエコウィルなら早期配備も可能かも。
エコウィルが補助金込みで通常のガス給湯器と同じくらいなら買うでしょ。

それなら今年中に合わせて100万台くらいは行けそうな気がする。
ホンダも部品の揃いにくい車の代わりにエコウィルのエンジン大増産で。

オール電化ももう終わりですね。原発の余剰電力が元になっている深夜電力料金も上がるでしょう。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110323-OYT1T00569.htm
電気自動車時代も30年は来ないな。

投稿: いずみかわ | 2011.03.29 02:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大人の千羽鶴 | トップページ | ビールにそんな効能が... »