« 清水市代女流王将vs.あから2010 | トップページ | 221手放すことにしました... »

2010.10.17

選挙

今日は川西市長・市議会議員のダブル選挙の投票日。

とりあえず市長は誰に投票するか決めたが、市議会議員はこれといって決められない。

前回は定数30だったのが今回は26と4議席削減され、候補者は現職23人新人12の計人35人。

前回は定数30に対して候補は35だったため消去法的に何人か除外すれば普通の候補者達にとってかなり楽々な選挙だったと思うが今回は皆、選挙戦にも必死感がある。

前回前々会と「若い力」で圧倒的な人気を誇った越田氏も、県議へのステップアップのため今回は立候補しないため、トップ当選については混戦が予想される。

また、今回は民主党政権となって初の選挙であることを反映してか、自民党系候補は1人だけ。
元々川西市議会は自民党系は弱かったが、政権与党でない自民党はここまで弱いのか。
いいとこ候補者も「保守系無所属」としているだけ。

なら、選挙戦術的には「自民党公認」くらいで行った方が大量に「民主党系」「共産党系」「公明党系」候補がいて支持者票が分散する中、少なからずいるはずの自民党支持者層の票を集められるのではないかと思うが、どうなのだろうか。


また、各候補の主張も「無駄遣いを減らして福祉に」と一致しているが、川西の根本的な問題である税収減に対する施策は候補者35名を束ねても全く無い。

増税・新税は言いにくいのだろうが、企業誘致的なものもなく、単にジリ貧財政のパイをどうするかだけで、明るい未来が見えないため誰にも入れようがないのが実情。

具体的には川西市の最大クラスの企業であったベーリンガーインゲルハイム(外資製薬メーカ)が出て行った反省を踏まえ、対策を打つような施策を公約とするような候補者がいないのが残念。

さて、どうしましょ。

そうそう、某市長候補から支持を訴えるDMが届いたが、面識もなければ支持団体や近しいと思われる団体等への加入等もしておらず、氏名・住所等をどこから仕入れたか不明。

これは個人情報をどこから仕入れたかに関わらず、明らかに目的外使用だ。
2chの川西掲示板にも同様事例が出ていた(恐らく同じ候補)ので結構たくさん出してるっぽい。

これ、出した分だけ確実に票を失っているのが分からないのだろうか。

|

« 清水市代女流王将vs.あから2010 | トップページ | 221手放すことにしました... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 清水市代女流王将vs.あから2010 | トップページ | 221手放すことにしました... »