« はやぶさ情報 | トップページ | お帰りはやぶさ »

2010.06.11

Robo20100610_1今週は月曜日から木曜まで東京出張だった。

その宿泊先のホテルでサービスでもらった水がこれ。

一見、何の変哲もないミネラルウォーターのようだが...

Robo20100610_2見えるだろうか?

「オアシスの水 マサフィー」 とある。

Robo20100610_3ラベルを見てみる。

■原産国名:アラブ首長国連邦・ドバイ
■採水地:ラスアルハイマ

この水、中東から持ってきてるのか!?
そんな水が貴重そうなところから、エネルギー使ってまで比較的水が潤沢な日本に持ってくる意味あるのか!?

商品紹介サイトによると、「豊富な地下水脈」とあるが、そんなところから採水して、はるばる日本まで運んできて、価格もそのくらいなら、ドバイで売った方がよっぽど利益率高いと思うのだが...

また、商品サイトの説明では、
--------------------------------------------
数千年の時をかけて雨水が砂漠の砂に濾過されるうちに、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどの豊富なミネラル成分を取り込みました。 ミネラルウォーターの硬度はそれらの含有量を示すもので、マサフィーは硬度87(※)の軟水にあたります。 (※2008年4月現在)
--------------------------------------------
とあるが、「豊富なミネラル成分を取り込んだ軟水」って説明がすごく矛盾している気がするのは私だけだろうか...


|

« はやぶさ情報 | トップページ | お帰りはやぶさ »

コメント

何から何まで不思議なドリンクですねぇ・・・・
こんなビジネスモデルで利益出るんでしょうか(謎

投稿: おんぼロードスタ | 2010.06.11 21:39

ロドスタさんこんにちは。

こちら( http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4939177.html )の情報によると、現地で1本30円程度とのことですから、ビジネス的には成り立つのかもしれませんね...

しかし、この日本でヨーロッパ物も含め、水を輸入する感覚は理解に苦しむ。

国別に見ると日本は水道品質が良いせいか、1人あたりのミネラルウォーターの消費量自体はアメリカの1/5程度のようですが、輸入比率が他国より高いため、ウォーターマイレージ(量x移動距離)はアメリカの4倍になるのだとか。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/03/31/FM/index.html

投稿: いずみかわ | 2010.06.12 02:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はやぶさ情報 | トップページ | お帰りはやぶさ »