« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の6件の記事

2010.06.20

三洋ユーザ プロファイリング

太陽光発電システムユーザにおいて、三洋ユーザはかなり異質と言っていい。

例えば、こちらの太陽光発電系ブログランキングの6月20日22時頃の上位50サイトを見てみると、個人ブログで設置メーカが確認できた36サイトのメーカ別内訳は

三洋19
シャープ13
京セラ1
三菱1
サンテックパワー 1

となる。
ちなみに国内メーカのシェアは2008年3月時点のデータによると

シャープ45%
三洋16%
京セラ15%
三菱10%

であり、現在も大きく変わっていない(三洋と京セラは逆転したりしてる)そうであるから、ブログのシェアの偏りは異常値と言える。

三洋ユーザをプロファイリングしてみると、
 ・指名買い。
 ・技術や性能に敏感なスペック至上主義者。
 ・システム自体に愛着を持ち、「ウチのシステム自慢」がしたい。
といったところか。

ランキングの一覧でも三洋ユーザはタイトルにスペックを書いててくれるケースが多いので分かりやすい。

シャープはコスト重視のリアリスト。
京セラは訪問販売で買った人が多そうなので特にこだわらない人が多そう。

太陽光発電占いとかできそうかも。

| | コメント (0)

2010.06.13

お帰りはやぶさ

おかえりはやぶさ。
最後まで感動をありがとう

■すばる望遠鏡から撮影されたはやぶさ。
 → http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/topics/2010/0613.shtml

■和歌山大学撮影のはやぶさの大気圏突入の様子。ライブでやっていたもののUSTREAM録画。
 → http://www.ustream.tv/recorded/7634995

先頭から2分55秒辺りから。

■NASAの空撮によるはやぶさ帰還映像
 → http://www.youtube.com/watch?v=u-Xp_-_gLTA

■BBCの帰還映像
 → http://www.bbc.co.uk/blogs/thereporters/jonathanamos/2010/06/a-perfect-view-of-the-asteroid.shtml

・・・失礼。
記事は帰還前(11日)に書かれた解説記事で、記事の一番下に付いてる動画は2008年のJules Verneの廃棄の際の映像のようです。

ええい、紛らわしいぞ BBC!
道理で、NASAのものやNHKでは映っていた先を行くはずのカプセルが見つからんはずだわ。

■NHKニュース(1:00にやったもの)
 → http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100614/t10015086401000.html


■そして...はやぶさが見た最後の地球。 鳥肌物の1枚。
 → http://twitpic.com/1wh78q&
115016426
はやぶさラストショット (c)jaxa

■新聞各紙の記事
毎日新聞
朝日新聞
読売新聞
産経新聞(写真は共同通信)

写真は朝日のものが最も美しいと思う。


| | コメント (8)

2010.06.11

Robo20100610_1今週は月曜日から木曜まで東京出張だった。

その宿泊先のホテルでサービスでもらった水がこれ。

一見、何の変哲もないミネラルウォーターのようだが...

Robo20100610_2見えるだろうか?

「オアシスの水 マサフィー」 とある。

Robo20100610_3ラベルを見てみる。

■原産国名:アラブ首長国連邦・ドバイ
■採水地:ラスアルハイマ

この水、中東から持ってきてるのか!?
そんな水が貴重そうなところから、エネルギー使ってまで比較的水が潤沢な日本に持ってくる意味あるのか!?

商品紹介サイトによると、「豊富な地下水脈」とあるが、そんなところから採水して、はるばる日本まで運んできて、価格もそのくらいなら、ドバイで売った方がよっぽど利益率高いと思うのだが...

また、商品サイトの説明では、
--------------------------------------------
数千年の時をかけて雨水が砂漠の砂に濾過されるうちに、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどの豊富なミネラル成分を取り込みました。 ミネラルウォーターの硬度はそれらの含有量を示すもので、マサフィーは硬度87(※)の軟水にあたります。 (※2008年4月現在)
--------------------------------------------
とあるが、「豊富なミネラル成分を取り込んだ軟水」って説明がすごく矛盾している気がするのは私だけだろうか...


| | コメント (2)

2010.06.09

はやぶさ情報

2010年6月9日15時00分にTCM-4が正常終了。
豪州WPA内着陸想定地域への精密誘導が完了。


■ライブ放送
・(財)日本宇宙少年団の宇宙教育テレビではやぶさカプセル帰還ライブ放送
 → http://www.yac-j.or.jp/tv/post-3.html

・「はやぶさ」管制室ライブ中継
 中継サイトはまだ不明。
 株式会社メディア・アイ・コーポレーション/Hayabusa Live 2010
 NEC/はやぶさ7年間の旅 管制室ライブ中継

・和歌山大学 はやぶさカプセルの帰還ライブ中継(観測場所:オーストラリア(ウーメラ近郊))
http://www.wakayama-u.ac.jp/ifes/news/news20100613.html
 ustreamで流すようだ。
 → http://www.ustream.tv/channel/hayabusa-back-to-the-earth


■その他情報
流れ星となって見えるのはやはりオーストラリアだけとのことだが、大気圏突入前は日本からの可視域にあるとのこと。
ただし相当に暗いらしい。
 → http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/topics/2010/hayabusa_obs.shtml


6月10日19:30 NHKクローズアップ現代で「傷だらけの帰還 探査機はやぶさの大航海」放送
 → http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/index.cgi


13日23時、南の空に総員敬礼!

| | コメント (9)

2010.06.04

はやぶさ

予定通りもうすぐ帰ってきますね。

6月13日にオーストラリアに帰還予定。
JAXAの粋な計らいか、日曜日に合わせてくれたのか!? 
なにはともあれ注目せよ。

今週のはやぶさ君
はやぶさ、地球へ! 帰還カウントダウン


その日までに復習しておくように。
前に書いた記事
はやぶさまとめ
はやぶさ物語「祈り」
探査機はやぶさにおける、日本技術者の変態力
【探査機はやぶさ】 「イトカワをねらえ!」【MMD】
【探査機はやぶさ】 「イトカワをねらえ!」第二話【MMD】
第三話は帰還後かな。
はやぶさ本体の大気圏突入時には、「君はどこに落ちたい?」なんて、おじさんハートキャッチなこともやるのだろうか。いや、やるに違いない。

改めて思うがヤマトの音響は秀逸。

| | コメント (4)

2010.06.02

発電実績

Robo20100602_1本日の結果。
発電量:21.8kWh
売電量:16.7kWh

1日の発電量として設置以来最高記録を更新。

しかし、最大出力は伸び悩み2.9kW。
日照時間の物量で稼いだ感じか。

Robo20100602_2推移。
15時台に雲が増えたそうなので、ポテンシャルとしての1日の発電量の最大値は24kWhくらいでしょうか。

そんな日は1年に何度も無いと思いますが...

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »