« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の31件の記事

2010.05.30

最大出力4.0kWは...

26日から30日までの発電量と瞬間最大出力は、

天気発電量(kWh)最大出力(kW)日照時間
26日曇り11.54.0(12:11)0.6
27日曇り12.34.0(11:55)1.7
28日曇りのち晴れ16.04.0(10:49)4.5
29日晴れ20.93.4(09:33)9.6
30日晴れ20.13.6(12:55)?.?
(※日照時間は気象庁データから最寄の三田のもの。30日分はこれを書いてる時点でまだ公開されていない。)

でした。

この日は、3.36kWのシステムでMax4.0kW出たとかで喜んでいたのですが、この週末は好天で発電量が稼げたにもかかわらず最大出力は伸びません...

29日は発電量は多いのですが、Maxが出た後はほとんど3.0kWくらいで頭打ち。
朝からパネルが暖められて発電効率が落ちるせいでしょうかね。
でもこの日が1日の発電量のベストスコアとなりました。

逆に最大出力が伸びる日は朝から太陽がなかなか出てこず、ある程度の高度になったところで一瞬雲が切れたりすると出るようです。
でもそんな日は発電『量』としては伸びません...

そこで晴れの日には、お約束の散水による冷却! ということで、今日、試しにやってみてみましたが0.1kW程しか上積みできませんでした。

夜間にキンキンに冷やした冷水でもパネル裏を循環させでもすればいいかもしれませんが...
専用の冷凍庫買おうか...

| | コメント (2)

2010.05.27

やっぱり三洋最強

ウチの3.36kWのシステムで瞬間値だが4.0kW出た。
モニタ記録をロギングしてなかったら分からないくらいの間だったが...

元々4.0kWで検討していたのだけど、諸般の事情で3.36kWとしました。
パワコンは4.0kW用なので、却って減らしてちょうどいいところだったかもしれません。

でも、パネル4.0kWでカタログ上は4.0kW用パワコンを指定されているのだけど、これだと明らかに役不足な気がする。多分MAX5kWくらいはいっちゃうよ。

他の三洋ユーザのブログ等見ていてもカタログ値以上の値を出しているところ、多いし。

思うに、現行モデルが出たときよりも製造技術が向上し、歩留まりが上がった結果としてスペック以上のセルが生産されているのではないだろうか。


でも今日はあまり日照がなかったので1日トータルは少なかった。


実験的にブログの上段に現在の発電状況を表示するようにしてみました。
いつやめるか分からんけど。

| | コメント (0)

2010.05.24

太陽光発電モニタ『捕獲完了』

Robo20100523_1某漫画orドラマ風に言うなら「捕獲完了」ってか。

とりあえず取得データをCSVファイルに書き出すようにしてみたので、これで今週いっぱいくらい動かしてみることにする。

PCはウチの実用レベル機の中で一番消費電力が少ないであろうVAIO-U50で。

なんだか正規モニタと大きさが変わらないので違和感がない。

当然、見逃すと悔しい本日の瞬間最高発電出力も見られるようにしてある。
でも当分雨っぽいね... とほほ。

ついでなので最高出力更新時は「マキシマムドライブッ!」と音声でお知らせするようにもしてみた。
まあ、お年頃の男児の父のお約束というものだ。


| | コメント (8)

2010.05.16

で、こんな感じ

とりあえず現在値の表示だけ。
データのロギングなんかはまたの機会に。

その場合はモニタを有線接続にしないといけないので設置場所なんかがちゃんと決まってから。

また、理想的にはPCではなく、マイコンでSDカードにでもロギングしておいてPCからはそれを不定期にDLできればいい感じか。
それもBluetoothやZigBee等の無線を使って。

でないとPCで常時監視では電力もバカにならない。

| | コメント (2)

勝った

なんとなく解ったのでざっとやってみた。

夜中に解析してるので、とりあえず消費電力だけ。発電は無し。
でもこれで勝ったも同然か。

でも、この方法だと無線モードで使えないな。

| | コメント (0)

発電実績

Robo20100515_1本日の結果。
発電量:15.9kWh
売電量:12.1kWh

薄雲広がるも、比較的安定した日照が続いたため、なんとかこれまでの最高記録ではあるものの、ピークは結構低かった。14時くらいから雲が多くなってしまったのが惜しい。

1日の発電量として最大20kWhくらいは行くんじゃないかと思っているので、まだ物足りない。

送信機とモニタのおしゃべりをのぞいてみたが、思っていたほど簡単ではないようだ。
夜に見てるので発電量に連動するデータ変化はないだろうが、消費電力にきれいに連動する値が分かりにくい。
連動していそうなデータは確かにあるが、その変化と表示上の数値の変化がどうもマッチしない。

| | コメント (1)

2010.05.14

RS485

Robo20100513_1RS232C-RS485コンバータを買いました。

それにRS232C-USB変換をかましてPCに接続。

送信ユニットから引っ張ってきた線をつないでみると...

やはりRS485のようでした。

ただ、取得したデータは意味不明であるため、何らかの返事をしてやる必要がありそうです。

また、結線もまだ実ははっきりしていません。
RJ45の4,5ピンが Tx+,Tx-だと思っているのですが、逆かも知れません。(逆ならビット反転)

今日はここまで。

| | コメント (0)

2010.05.10

発電実績と考察

Robo20100510_01本日の結果。
発電量:2.7kWh
売電量:1.1kWh

雨だったのでさすがにダメダメ。

太陽光発電関連のブログ等では、発電量がどうだパネルの効率がどうだというのはどこでも書いているので、今日はこれまで見たことの無い考察をしてみる。
興味ある人いるかな?

こちらにも書いたが三洋のモニタにはいささか不満を持っている。
これで定価75,600円(税込)はちょっと高い。

なんとか生データを取れないもんだろうか。


モニタは対になっている送信ユニットから、蓄積されたデータではなく、リアルタイムに時点時点のデータをもらっていると思われる。

送信ユニットは発電データはパワコンからシリアル通信で,消費電力はリング状のセンサ(トロイダルコイル式だろうか)に元々設置されている配電盤のケーブルを通すことで電流を測っているようだ。(電圧も電源取得がてら別途取っている。)

売電量、買電量に関しては、モニタ側で受信した発電量と消費電力の差を取って計算しているのだろう。

消費電力センサはケーブル外部からのセンシングであるため、結構誤差もあると思われ、計量法に対応した物ではなく、それ故、実際の売電量は屋外に関西電力が設置した電力計をもって計算される。

まあ、モニタはあくまで目安。
たまにおかしな値が出るし。

モニタは無線でデータを受けているのだが、無線は2.4GHz帯で、使用されているモジュールがZB24FM-E2022-01であることは分...いや、夢で見た。

こいつの無線上のプロトコルは物理層はZigBeeと同じらしいがネットワーク層以上が独自とのことなので、無線データを直接傍受するのは難しいだろう。
このモジュールを買って同チャネルで受信すればいけそうな気もするが、データシートも公開されておらず、ネット上にも仕様情報がないので、確実にいくにはスタータキット 税込104,790円が必要。

ただ、モジュールのUARTシリアルI/Fは、TxD,RxDボーレート38.4kbps/データ長8ビット/パリティなし/1ストップビット/フローなし(変更可)とのことなので、HACKするならここか。
信号レベルも3Vだと思われるので、送信機側のモジュールのI/Fにでもマイコン繋いで信号引っ張り出せそうか。

もう1つの選択肢としては、このモニタは無線状況が思わしくない時のために有線接続も可能となっているのでその線を使う方法。

物理的なI/F形状は一般的なLANに使われているRJ45であり、ケーブルもストレートのLANケーブルを使用すると設置マニュアルにはある。

しかし中を流れるプロトコルは恐らくシリアルでRS232CかRS485といったところだろうか。

また、送信ユニット側ではディップスイッチを変更するとある。
モニタ側でも無線モードと有線モードはGUIでの変更が必要。

私が仮に設計するとしたら、マイコンからのCMOSレベルデータをスイッチによって、無線系のZB24FM-E2022-01に入れるか、RS485ドライバへの切り替えをして出力という感じになるかな。

そうであるなら有線系も38.4kbps/データ長8ビット/パリティなし/1ストップビット/フローなし って感じなのだろう。


RS232Cであるか、RS485であるかはオシロでも使ってみてみないと正確なところは分からないが、残念ながら持ちあわせていない。

しかし設置マニュアルではパワコン-送信ユニット間の通信モジュールの型番が"LPS-485-1-AL"とあることから、パワコン-送信ユニット間の通信はRS485なのではないだろうか。
(この手の型番は規格を表していることが多い)

そっちがRS485なら、同じシステム内での有線通信が別の規格であることは考えにくいので、送信ユニット-モニタ間の有線も RS485 なのではないかと推測できる。

まあ、用途等を考えてもRS485が妥当なところだろう。

ならばこっちもピンアサインが分かればHACKできるかもしれない。

中を流れているデータはまあ、暗号化なんてされてない(する必要がない)だろうから、フォーマットが分かればなんとかなるかな。

と、こんなところまで書いてみたら、誰かやってみてくれんだろうか? 超他力本願...

| | コメント (2)

2010.05.09

発電実績

Robo20100509_03本日の結果。
発電量:13.6kWh
売電量:9.4kWh

発電量は昨日より1割程低い。

Robo20100509_04推移。

朝から薄雲がかかっていたので伸び悩み。
12時台は一時回復するも、その後もきれいな晴れ間が出ることなく終わる。

文句無い快晴でどのくらいいくのか見てみたい。

モニターについて。
・各数値についてkW,kWh単位なら小数点以下2桁は欲しい。
 数十ワットくらいの電化製品の付けっぱなしなどが分からない。

・その日の時系列の数値データが欲しい。
 月別表示の時には日毎のグラフだけでなく日毎数値の一覧表があるので、その時間版。

・その日の最高出力の記録が欲しい。
 ずっと見てるわけではないので、見逃すと悔しい。
 パネルの良不良確認の目安にもなる。

・SDカード等へのデータ出力機能が欲しい。ネットワーク経由ででも可。
 シャープの高い方のモニタだと、インターネット経由でシャープのサーバにデータを送り、WEBで閲覧できたりするらしいが。
(恐らくメーカも収集されたデータを解析してシステムの稼動状況の分析などをしているのだろう。)

・推移グラフのスケールを調節できるようにして欲しい。
 ウチくらいの規模だと、発電量も消費量等も表示のスケールが合わない。1日の推移ならMAX 5kWhもあれば十分。

| | コメント (0)

2010.05.08

発電実績

Robo20100509_01本日の結果。
発電量:15.0kWh
売電量:10.1kWh
売電単価は 48円/kWhなので、売電額は485円程。
また、4.9kWhは買わずに済んだ(発電分の自己消費)ので、電力単価24円/kWhとして118円程。
合計 603円程が今日の経済効果ということとなります。
(実際にはこの写真からあと1時間20分の電力も要るのですが。)

Robo20100509_021日の推移。
朝から天気が良かったので瞬間最高出力も3.0kW,1日の総発電量20kW程を期待したものの、11時頃から薄雲が全天を覆う形となり、ピークが伸びず、最高出力は10時台に出てた2.6kW。
その後、太陽高度の上昇と共に、12時までは平均出力は底上げされたものの、曇りがちになるなどで午後以降は下落の一途。

体感上は非常に快適な一日だったものの、ちょっぴり不満。

また、経度上での計算では日の出5:02に対して発電は5時台からされている(グラフの6時の所が5~6時を表している。)のに対して、日の入りは18:48であるにもかかわらず、地形的な問題からか17時台で発電が収束しているのは残念な感じ。

周囲は19時近くまで明るいのだが、直射日光が当たらないとやっぱり駄目なのか。

ただ、スペック上はウチとほぼ同規模のシャープ製システムを導入されているこちらの方の記録(まあ地域や設置条件は違のでしょうが。)を見ていると、あれだけ晴れてた5/1~4でも1日15kWhくらいなので、まあ、午後から曇りながらも15kWhなら御の字なのかもしれない。

天気予報によれば明日も晴れるそうなので明日に期待しましょう。

グラフ上は、例えば9時のところには、8時~9時の値が表示される仕様のよう。
8時~9時の分は8時の所にしてくれた方が8時台として感覚的にはしっくりくると思うのですが...

| | コメント (2)

太陽光発電稼動開始

Robo20100508_01系統連携も完了。
今日から太陽光発電稼動開始しました。

さすがに今は夜なので発電してませんが...

Robo20100508_027日の時系列グラフです。
16時台から発電してます。
雨~曇天だったので、ちょろっと。

Robo20100508_037日の積算。
売電もちょろっとあったみたいですね。

明日は晴れっぽいので楽しみです。


| | コメント (0)

2010.05.05

琉球朝顔

結局、越冬作戦は失敗と判断。

Robo20100505_01新たに4株を購入。

前回は「クリスタルブルー」という銘柄(品種?というか生産者さんの商標?)だったが、今回は近所で手に入った「オーシャンブルー」。

| | コメント (0)

2010.05.02

万歩計

万歩計
31405歩

| | コメント (2)

ゴール

ゴール
到着

思ったより疲労感は少ないけど、踵が痛い。

道は比較的シンプル。
次は測位衛星や移動体通信の支援無しでもいけそう。

→5月2日の最初から。

| | コメント (0)

ゴール目前

ゴール目前
ゴール前の最終難関の急坂
これ書きながら上ってます

| | コメント (0)

いまここ

いまここ
多田神社
万歩計は28797歩

| | コメント (0)

いまここ

いまここ
あと少し

| | コメント (0)

いまここ

いまここ
池田。
万歩計は21042歩。

ここまで来るとこちらのテリトリーに入った感じ。

ここから先のgoogle先生の提示のルートはアップダウンが激しいので、違うルートを取ります。

| | コメント (0)

ここまでの歩数

ここまでの歩数
15961歩。
中卯にて。

| | コメント (0)

腹へったので飯休憩

なか卯で鶏塩うどん定食。

| | コメント (0)

いまここ

いまここ
伊丹空港付近。
全行程の半分くらいかな。

| | コメント (0)

装備品追加

装備品追加
麦藁帽子を手に入れた。

いい天気すぎる。
太陽光発電の系統連係がまだされていないのが恨めしい。

| | コメント (0)

いまここ

いまここ
キャプチャを縮小した時に現在位置が分かりやすいのでlatitudeを使うことにする。

| | コメント (0)

いまここ

いまここ
神崎川。

| | コメント (0)

淀川越えた

淀川越えた

| | コメント (0)

いまここ

いまここ
十三大橋。
淀川を渡る。

| | コメント (0)

出発地点

出発地点
出発地点の毎日新聞ビル

そろそろ出発。

| | コメント (0)

いまここ

いまここ
Bluetooth GPSユニット PhotoMate887はWillcom03上のGoogleMap for WindowsMobileと連係することが可能。

画像は画面をキャプチャしたもの。

Photomate887には位置情報のロギング機能もあるのだが、Bluetoothとは排他利用なのが残念。
ナビとして使うとロギング出来ない...


Google Latitudeも使おうかと思ったが面倒なのでやめた。

| | コメント (0)

装備品追加

装備品追加
装備品追加。
カミさんのHELLO KITTYの万歩計。

今電車で大阪に移動中。

| | コメント (0)

そろそろ出発します。

とりあえず、大阪まで。

Robo20100502_01本日の装備品一式。

・Willcom 03 with GoogleMap for Windows Mobile
PhotoMate 887 Bluetooth GPSロガー
・予備および外部バッテリ群

| | コメント (2)

2010.05.01

明日ちょっとやってみる

Robo20100501_01_3明日天気よさそうなので、以前からちょっとやってみたかったことを試してみることにする。

大阪梅田の某地点より川西自宅まで歩いたらどんなものなのか。

Google Map で徒歩ルート探索をしてみると、23.6Kmで4時間52分と出た。
思っているより近いのかも。

気が向いたら明日道中で時々更新する。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »