« 天ハ人ノ上ニ... | トップページ | 琉球朝顔 その後 »

2010.02.28

地デジ化のタイミング

ウチのテレビは東芝の25S99というモデルで、約10年前に買った25型4対3非フラットブラウン管タイプで、当然アナログだ。

こいつを買ったのはその前のテレビが壊れたからで、それも10年以上使ったもの。

ただ今度はアナログ停波があるので壊れるまで使うというわけにもいかないので買い替え時を考えてみる。

昔から、「欲しい時が買い時」とは言うが、これは欲しくて買うのではなく仕方ないから買う物であり、買ったら毎日見続けなければいかない物なので安易には選べないのだ。

①エコ観点から

 
今のテレビから乗り換えるとすれば、32V型相当くらいが妥当(縦サイズが同じくらい)かと思う。

液晶テレビ=低消費電力というイメージがあるが、このクラスのカタログ上の消費電力は100W以上で、特に画質にこだわったモデルは140Wくらいが相場。
 
だが、ウチの東芝25S99の場合、カタログ上は消費電力(W)は105Wで、年間消費電力量(kWh)/年は144kWhであり、現在の一般的な液晶32V型と同様の値であり、特に乗り換え動機とはならない。
(待機電力が最近の物より大きいため、年間値としては多少悪いが。)

液晶は特段「エコ」でもなく、ブラウン管はイメージ程電気食ってるわけではないのだ。

これは単に買換え需要を掘り起こすためのメーカのイメージ戦略であり、買い替え時には大型化するケースが多いので実際にはあまりエコってもんでもない。
(ソニーのカタログでは25型からの買い替えは40V型以上を「おすすめ」している。)


省エネにこだわったモデルは32V型で60Wくらいのものもあるのだが、液晶倍速駆動とかが実装されていないので、動きのある動画(動画なんだから動きがあって当然)に弱い。
店頭でのデモ機を見ていてもはっきり言って惨い。

25V型クラスとなると、4:3の物よりも実際の面積は狭くなるので、消費電力が小さくなるのは当たり前だが、このクラスはコスト優先で画質なんてどうでもいいようなモデルしか存在しないので、選択肢にもならない。

プラズマはエコ観点だとブラウン管からの乗り換え動機にならない。

★エコ観点からの買い時としては、LEDバックライトが普及価格帯のものに多く採用された頃だろうか。
 まあ、今年の年末モデルには期待できるかな。

②画質観点から

 
画質マニアではないので一般的な感覚で。

地デジというより最終アウトプットとして、液晶テレビそのもので見た画質は、はっきり言って「良い」とは思えない。

ブロックノイズについては伝送路の問題があるのでここでは無視するとして、モスキートノイズは正直見ていて気持ち悪い。
特に、デコードされた画像を素直にデジタル表示してしまう液晶だからこそ目立ってしまっている感じ。

ノイズという訳ではないが、字幕やテロップもジャギーが目立ってしまうのはイマイチな感じがする。

さらに動きに弱いのは液晶の特性によるもので、安い物はお笑い芸人の表情の変化ですら、「モワっ」とした残像による気持ち悪さがある。

最近では「改善」されたとはいうものの、比較的高額なモデルの倍速駆動やその他もろもろの高画質機能による補正の賜物であり、主には高額で利益率の高い大画面モデルが主で、私がターゲットとしている32V型ではコスト競争が激しいせいか、かなり中途半端な位置づけのようだ。

プラズマは動き面は結構いいなと思えるのだが、残念ながらターゲットとしている32V型はほぼ絶滅種となってしまった。


HDDビデオは既に地デジ対応のものを1機買っているのだが、これの地デジチューナーを通してブラウン管テレビで見る方が、感覚的には明らかに高画質に見える。

テレビがブラウン管である故、良くも悪くも多少ボケた結果として、自然にアンチエイリアスがかかり、モスキートノイズもジャギーもほとんど感じないわけだ。 また当然、動きによる残像もない。


画質観点からは倍速駆動は必須,モスキートノイズやジャギーはアンチエイリアス等の画像補正技術が向上しないとどうにもならない感じ。
あと、希望としてはLEDバックライトによるローカルディミングが32V型あたりにちゃんと搭載されればいい感じかもしれない。
ここまで達成できれば以後10年は大した向上は無いだろう。

この希望を32V型で普及価格帯で満たすのはアナログ停波までに間に合うかどうか微妙な気がする。


場合によっては外付け地デジチューナーでブラウン管でという選択肢も十分アリだとも思える。


③経済的観点から

 
とはいえアナログ停波までには買い換えようかとは思っているので経済的観点からそれはいつ頃だろうかと考えてみる。

家電エコポイントは2010年12月まで延長されたが、テレビに関しては4月から対象基準が変わるため、現在エコポイント対象となっているモデルの半分くらいは4月以降は対象外となる見込みらしい。

そういうモデルは4月以降売れなくなってしまう公算が大きいため、家電量販店では3月には在庫処分でかなり値引いてくるはず。 3月決算の店も多いので、買うならここが狙いだろうか。


以上、①~③を踏まえて総合的に考えると、今年3月までに多少妥協してでも①②を満足できるような安売り品は残念ながら無いと思われるので、3月に勝負をかけるのはやめた。

希望的観測をもって、エコポイントギリギリで間に合うような年末商戦用新モデルに期待といった感じだろうか。
年末までにホントに出るのかね。そんなの。


地デジ普及率の目標は2010年末に世帯普及率96%だそうだが、恐らくこれが想定より相当に低いだろうから、来年1月から高レートの地デジ乗り換えキャンペーンポイントみたいなのが発動されるに違いないと思っている。


結局のところ、地デジテレビの買い時は磯野家の居間の家具調テレビが最新鋭のREGZA(もしかしたらCELL REGZAか。磯野家には似つかわしくないが...)に変わったときこそ真の買い時フラグなのだろう。

停波を前にキャンペーンの切り札として、そういうエピソードがあるに違いない。サブタイトル「地デジがやってきた」とかで。多分草彅君もゲスト出演する。

野比家も当然地デジ化する。もちろん骨川氏の自慢から始まる。
野原家も地デジ化する。ある日突然アクション仮面が見られなくなるとかで。
さくら家は...どうかな。

|

« 天ハ人ノ上ニ... | トップページ | 琉球朝顔 その後 »

コメント

一人暮らしするに当たり
デカイ液晶テレビを勢いで買ったんですが
液晶の進歩は早いですねぇ
プラズマディスプレイの進歩はめざましく
パナソニックにパイオニアの技術者が入ったおかげで
へたな液晶より消費電力が下がりましたね
ただ・・PCモニターとして利用を考えると
焼き付きが怖い・・・
あと・・最低40インチぐらいからスタート
(ここら辺からでないと価格的に厳しいみたいですね)
あと、倍速駆動とか4倍速駆動でないので
案外スクロールものとか普通にちらついてました
(というか元の映像どおり・・ですけども)

液晶は・・LEDバックライト化が進んでますが
まだ、40インチ以上の世界ですかね
もともCFLで均等に明るくするのが難しかったからかも

そろそろモデルチェンジごとの値崩れもなくなってきてる気がするので
買時と言えば買い時な気はしますが
上級機種の技術の展開がどこまで進むのか・・・
次ぐらいで下の方まで展開してくれるとその辺で買いですかね

投稿: おんぼロードスタ | 2010.03.01 00:35

ロドスタさんこんにちは。

スペック上は今のところ32V型実売8万円クラスで最も理想に近いのが、シャープのLC-32DS6なので、こいつの後継くらいがローカルディミングのLEDバックライト化されたら買いかなとは思ってます。
http://www.sharp.co.jp/aquos/lineup/ds6_32/index.html

32VのLEDアクオスもこないだ出たのですが、ローカルディミングでないばかりか、倍速駆動すらも端折られた、ちょっとガッカリモデルでした。
http://www.sharp.co.jp/aquos/lineup/sc1_32/index.html


希望としては、こいつ
http://www.sharp.co.jp/aquos/lineup/xs1_65/index.html
の32V型が8万円くらいで買えるようになったらいいんだけど。


32Vは低コスト機の主戦場なので、高画質モデルが少ないんですよね。買った人は後悔してないんだろうか。慣れるのかな。


5年前には、アナログ停波時はSEDや有機ELこそ本命とか思ってましたが...残念。ホントはそれ待ちだったのに。


現時点での結論は手持ちの地デジビデオの出力をブラウン管TVに繋いだものより全面的に画質がよいと思える普及価格帯の液晶TVはない。

なのでイオンの激安地デジチューナ(現在4750円)でもいいかもしれないと思う今日この頃。
本当に。冗談抜きで。

投稿: いずみかわ | 2010.03.01 23:23

補足
画質を決める要素は大きく次の5つくらいだろうか。

・解像度
・ノイズ感
・残像感
・コントラスト感
・色再現性

液晶ハイビジョンは解像度に優れるが、他の4点は地デジチューナをブラウン管に繋いだ物の方が格段によい。

投稿: いずみかわ | 2010.03.02 00:04

画面の自然さはブラウン管の方がいい気がします
自然なモーションブラーとか
コントラストなどは
発色は微妙な気はします 液晶ドギツイ感あり・・・
が・・・・
最近地デジ化が進むにつれて野球やサッカーなどの
得点字幕などが異常に小さくなってきており
ブラウン管テレビではかなり見にくくなってきているという
悲し現実が・・・

自分的には今はなきパイオニアの技術者と
パナソニックの協業から出てきている
パナの新プラズマディスプレイの進化に期待したいところです
地元の尼で作ってるというのもあるんですけども(笑)

より高みを目指して・・・・

投稿: おんぼロードスタ | 2010.03.02 00:51

画質にこだわるなら、こいつ
http://www.toshiba.co.jp/digital/webcata/ctv/36zp57.htm
みたいなBS・CSハイビジョン対応機あたりに地デジチューナぶち込むのが今でも最強かもしれんね。

ある程度値が落ちた時に新品で買っといて今まで温存しといた奴が勝ち組か。(いるのか?そんな奴。)

消費電力やサイズは結構きついが。

投稿: いずみかわ | 2010.03.02 01:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天ハ人ノ上ニ... | トップページ | 琉球朝顔 その後 »