« 橋頭堡 | トップページ | 洗濯機タダでもらった »

2009.11.21

イオンエンジン再始動! 頑張れはやぶさ。すごいぞJAXA。

小惑星探査機はやぶさ

小惑星イトカワへのタッチダウン以来、相変わらず技術系人種の心を揺さぶってくれます。

先日のイオンエンジン1基停止のニュースでもうダメかと思っていましたが、不調の2基(A,B)のイオンエンジンの生きてる機能を合わせて1基分とし、まだ使えるCと合わせて2基分の推力を回復とのこと。

なんと、そういう運用も想定し、それが可能なように回路にダイオード一個追加しておいたのだとか。

JAXA記者会見での
------------------------------
國中均教授
「これができることが実験室では自明だった。現状では探査機が数十ボルトに帯電し、帯電することで電子が引き出されるという運転をしている。このような状況は地上では再現できないため、地上試験ではこのような運転を行っていない。」

川口淳一郎教授
「ちょっと盛り上げるなら、これは電気回路にダイオードが一つが入っていないとできない。あらかじめそういう回路を組み上げ、搭載して打ち上げたということを注目してもらいたい。」
------------------------------
くぅぅ~! しびれる!あこがれるぅ!

まさに宇宙戦艦ヤマトの真田さん張りの「こんなこともあろうかと」力!
おまけに「テストはしていないんだが、やってみるか?古代!」力!

2010年3月までこの状態が維持できれば2010年6月には地球帰還予定。
頑張れはやぶさ。 ぼくらは君の帰りを待っているぞ!


ニュース記事としては Robot Watchの物 が詳しい。

記者会見の模様は、こちら

ちなみにこれまではやぶさプロジェクトに費やした費用は約210億円とのこと。
運用費は毎年約1億円。
民主党の事業仕分けとかでカットされたりしたら発狂物だな...

|

« 橋頭堡 | トップページ | 洗濯機タダでもらった »

コメント

同じく・・・ずっとこの件トレースしていますが
こんな事もあろうかと発言には

真田さんかぁ~~~
て思いましたよ

狙ってるんですかね(汗

何とかこのまま加速できれば
地球には帰って来られそうですが
最後の難関・・・突入体切り離し うまくいくか?!
ですね・・完全に耐用年数オーバーな運転なので
一発勝負もののところは常に心配です

はやぶさ2の予算も怪しそうですし
民主党の仕分けは開発系の人は恐れているでしょうね・・

投稿: おんぼロードスタ | 2009.11.22 00:17

ロドスタさんこんにちは。

だよね。

この奇跡の復活劇は新聞も1面トップで報道すべき。
日本人が失いかけてる自信を取り戻すためにこんなにすばらしいニュースはありません。(朝日は小さな記事が載ってただけ。TVニュースではやってるの見ていない。)

この分だと、無事カプセル回収できても、サンプル入ってなければきっと「失敗扱い」で無駄な公共事業扱いですね。悲しいことです。

そりゃ、サンプルはあるに越したことはないけど、はやぶさプロジェクトで得られたさまざまな知見や技術(NASAですら到達していない)こそが最大の宝であるはずなのに。


はやぶさ2、来年度のJAXAの概算要求には名目すら入ってないらしいっす...
これだけの人的リソースや技術蓄積を継承させられないのは日本の未来にとって極めて大きな損失でしょう。

神戸のスパコンも凍結とか... 
「2位じゃ駄目なんですか?」とはね...

投稿: いずみかわ | 2009.11.22 00:44

運用費の年間1億円って人件費込みかな?
コストパフォーマンス高すぎないか。
よく考えたらこれだけのプロジェクトに悲しくなるほど低予算な気がする。

投稿: いずみかわ | 2009.11.22 00:51

お久しぶりです。

このあたり、こんな風にまとめられている方もいますよね!

http://www.youtube.com/watch?v=9LC_bRtUimU

ここまでくると「痛快」です。ぜひ、新聞の日曜見開きで特集してほしいですね(この表現、わかるかなぁ)。

投稿: SISO | 2009.11.22 05:54

どうやらスパコンは再審議になったみたいです・・
よう分からん
HTVも10億削れとか言ってるし~
削って失敗したら責任取ってくれるのやら(汗

はやぶさは元々MVロケットで打ち上げるため
相当軽量化したらしく・・・そこら辺も低予算につながってるかもしれません・・・
地球に帰って来た衛星で移動距離単位のコストを見ると・・・
過去最低じゃないでしょうか・・もっとも帰ってきた衛星なんてそんな多くないと思いますが

もしH2で打ち上げてたらセレーネみたいなゴツイ機体になっていたかもしれません
セレーネも積み込むだけ積み込んだけど大きなトラブルもなく
無事ミッション終了したのにはノウハウの蓄積を感じました
ADEOSシリーズの経験が生かされているのではないかと
(これはほんとに涙ものだった・・・)

投稿: おんぼロードスタ | 2009.11.23 02:51

SISOさんご無沙汰しております。

私もそれ見ました。
私も会社の上司面談等での目指す人物像等の問いに「ヤマトの真田さん」と答えているクチなので。(あるいは「007のQ」)


ロドスタさん

はやぶさの場合、ミッションが長期に渡り予算が限られているからこそ、複雑度を下げ、創意と工夫が凝らされたのかもしれませんね。


今日は今年一番の感動映画、HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-
http://hayabusa-movie.jp/ )を大阪市立科学館に見に行きます。

この感動をHIROMUにも伝えるために。

投稿: いずみかわ | 2009.11.23 08:24

HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-
実家に帰った時に見に行きました
始まって速攻 目から汗がっ!!

ほんと良い映画でした・・・

そういえば、火星探査機のぞみも苦難続きでしたね
最後があちらも涙もの・・・

投稿: おんぼロードスタ | 2009.11.23 20:44

HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-
見てきました。泣ける。
でも42分は短すぎ。120分で地上管制の男たちの活躍も描いてほしかった。

投稿: いずみかわ | 2009.11.26 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 橋頭堡 | トップページ | 洗濯機タダでもらった »