« 2009年10月 | トップページ | 2010年2月 »

2009年11月の1件の記事

2009.11.21

イオンエンジン再始動! 頑張れはやぶさ。すごいぞJAXA。

小惑星探査機はやぶさ

小惑星イトカワへのタッチダウン以来、相変わらず技術系人種の心を揺さぶってくれます。

先日のイオンエンジン1基停止のニュースでもうダメかと思っていましたが、不調の2基(A,B)のイオンエンジンの生きてる機能を合わせて1基分とし、まだ使えるCと合わせて2基分の推力を回復とのこと。

なんと、そういう運用も想定し、それが可能なように回路にダイオード一個追加しておいたのだとか。

JAXA記者会見での
------------------------------
國中均教授
「これができることが実験室では自明だった。現状では探査機が数十ボルトに帯電し、帯電することで電子が引き出されるという運転をしている。このような状況は地上では再現できないため、地上試験ではこのような運転を行っていない。」

川口淳一郎教授
「ちょっと盛り上げるなら、これは電気回路にダイオードが一つが入っていないとできない。あらかじめそういう回路を組み上げ、搭載して打ち上げたということを注目してもらいたい。」
------------------------------
くぅぅ~! しびれる!あこがれるぅ!

まさに宇宙戦艦ヤマトの真田さん張りの「こんなこともあろうかと」力!
おまけに「テストはしていないんだが、やってみるか?古代!」力!

2010年3月までこの状態が維持できれば2010年6月には地球帰還予定。
頑張れはやぶさ。 ぼくらは君の帰りを待っているぞ!


ニュース記事としては Robot Watchの物 が詳しい。

記者会見の模様は、こちら

ちなみにこれまではやぶさプロジェクトに費やした費用は約210億円とのこと。
運用費は毎年約1億円。
民主党の事業仕分けとかでカットされたりしたら発狂物だな...

| | コメント (8)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年2月 »