« MG995脱力改造その2 | トップページ | mkII 実機作成開始 »

2007.05.01

焼損MicroMG基板蘇生

FETの焼損したMicroMG基板の蘇生を試みます。
Robo20070501_1こちらがオリジナルのMicroMG基板。
焼損の具合がひどい物はほんとに焼け焦げていますが、これは外見上のダメージはあまりありません。

りおーじあさんが以前調べてくださったMicroMGのFETのピン配置情報を元にやってみました。

Robo20070501_2張り替えるFETはミニッツ界で話題の最強FET ROHMのSP8M4です。
MicroMGのFETとはパッケージが違うのでそのままは着きません。

MicroMGのFETはNch,Pchそれぞればらばらに2個ずつですが、SP8M4は1パッケージにPch,Nch2個入ってますのでデータシートのピンレイアウトを元に配線してみました。

Robo20070501_3裏面です。


Robo20070501_4本来、SP8M4は表面実装用ですが、配線の都合上、立てて着けています。
かなり無理やりな実装ですね。

検証はまだです。
通電する勇気がまだありません。

動きませんでした...○| ̄|_ 。

|

« MG995脱力改造その2 | トップページ | mkII 実機作成開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MG995脱力改造その2 | トップページ | mkII 実機作成開始 »