« エポキシ成型実験 | トップページ | エポキシ成型実験 再挑戦 »

2007.02.04

HSR-8498HB動作確認

Robo20070204_1ロボザックで仕入れたHSR-8498HBがizCOREで動くかどうか試してみました。

サーボホーンはフタバ用のやつをとりあえず付けてみましたが、微妙にサイズが合ってないのでゆるいです。
まあ、回転が分かるようにしただけで、実用には使えません。

一応、問題なく動きました。パルス幅0は脱力となるようです。

しかし、ちょっと不思議な現象も。
特定の幅以下のパルスを送ってしまうと、以後、電源を切って入れなおすまでは通常幅(例えば中立の1.5ms)のパルスを送っても動いてくれなくなります。
まあ、このパルス幅は物理的にロックのかかる90度指定を超えたところで、通常は使わない領域なので、間違って与えなければ問題なさそうではありますが...

これって、そういう仕様でしょうか?


#近所のジャスコ内の本屋に3号、11冊も積まれてました。
 住宅地ど真ん中。売れ残るだろうな...ふ、仕方ない。私が泣く泣く...

|

« エポキシ成型実験 | トップページ | エポキシ成型実験 再挑戦 »

コメント

HIDEさんところで前に書かれていた情報で、なにやらコマンドがあるようです。
http://www.robonova.de/store/product.php?productid=16133&cat=0&page=1
の中の、「Anleitung」でPDFが開きます。その中に、「Pulse of HMI Protocol」という章があり、何やら書いてあります。

投稿: SISO | 2007.02.06 09:36

SISOさんこんばんは。

そうそう、それでHIDEさんと「KOのとほとんど同じですねぇ」なんて言ってたの思い出しました。
(KOのは http://www.kondo-robot.com/pdf/2346RED_doc.pdf

でも、それとはちょっと違いそうなのです。
0.4~0.5msあたりのパルスで応答不能になり、その後はパルスを切ったりしても応答しなくなってしまいます。


と思っていろいろ調べてたら、有益そうな情報見つけました。

またあとでまとめて記事にします。では。

投稿: いずみかわ | 2007.02.06 21:17

HSR-8498HB , HMI に関しては追加情報をこちら(↓)
http://izm.way-nifty.com/robo/2007/02/hsr8498hb_89b3.html
に記しておきましたので、検索エンジン等からいらした方はそちらもどうぞ。

アクセス解析見てるとHSR-8498HBやHMIでこの記事に飛んでくる人が多いので。

投稿: いずみかわ | 2007.03.09 12:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エポキシ成型実験 | トップページ | エポキシ成型実験 再挑戦 »