« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月の10件の記事

2006.06.23

DELL

 カミさんのGOサインも出たので、PCを新調することにした。
 DELLの直販でノート型 2台(俺用&カミさん用)
 VAIO-UX50は断念。

 俺用は、Core Duo 2GHz、メモリ1GB (512MBx2デュアルチャネル)。
 カミさん用は、CeleronM(410) 1.46GHz、メモリ512MB。

 今の使用中のマシンからすれば、それぞれとてつもなく強力なマシンだ。
 俺用のOSは、XP Proにした。
 オンラインクーポン適用等で、2台で24万くらい。

Robo060623_1 ところで、注文の最後の画面がコレ。
←クリックで拡大。

 『Q1製品の使用目的』として、「政府軍事」だの「ミサイル技術調査/製造/開発」だのある。
 恐らく、「生物調査/製造/開発」とか「化学調査/製造/開発」「核調査/製造/開発」とかも、元々は「○○兵器調査/製造/開発」ってなニュアンスじゃないのかな?
 一応、「個人のお客様」から辿ってきたところなのですが...

 で、『Q2製品最終使用者および場所』で「・・・海外へ持ち出す可能性がある」とか。

 米国輸出法令に基づいた質問らしいのだが、悪いこと考えてる人は正直に書かんと思うが、意味あるのか?
 画像のようにチェックを入れて注文してれば、それは「ネタ」だろう。


 DELLネタもう1つ。
 注文した直後にSlashdotで見た話で、Dell laptop explodes at Japanese conferenceという日本で行われたカンファレンスでのひとコマ...

 盛大に燃えてますね...DELL、大丈夫か?...
 あまりにタイムリーなので不安になってきた。

| | コメント (3)

SQLServer2005評価版

 ファイルをあっちこっち移動させて、なんとかインストールしました。

 インストールの前チェックフェーズで、「ハードウェアが要件を満たしていません」との警告。  余計なお世話じゃ!
 当然無視。

 しかし、MDACのバージョンが古いとのことで、インストールできず。
 MDAC2.8SP1をMSのサイトからダウンロードしてインストール。

 仕切りなおしでインストール完了。
 DB領域用のパーティションも3GB程空けてデフラグ。

 テスト用のデータは1200万件ほど。
 元データ(csv)のフォーマットにいくらか不備があるようでなかなか素直に入らんです。
 半分は元データのテキストを修正しながら入れましたが、場所を特定するのが大変なのと、巨大ファイルをなかなか開けないので、もう半分は型変換などは無視して、とりあえず全部varcharとして突っ込みました。
 あとはSQLで修正・変換かけながらターゲットのテーブルに入れていくことにします。

 しかし遅い...Pentium3、メモリ256MBじゃダメか...それにディスクはUltraDMA33とかのやつだしな。
 ずーっとディスクがガラガラ言ってるよ。

 あと、SQLServer2005って、2000までにはあったクエリアナライザが無いのね...
 SQLServer7のクエリアナライザが軽くていいのですがね。(6.5のは使いにくい)

 管理ツールもVisualStudio2005に統合されてるし...こいつがまた重いのよ。
 ウチくらいのスペックじゃ、DB動かしながらだと使いもんにならんです。
 SQL CLRや、Report Serviceのためだと思うのですが、DBそのものの管理は従来どおり分けておいてほしいっす。

 osql.exe(コマンドラインツール)は残ってるみたいなので、とりあえずこれでやるか。

| | コメント (0)

2006.06.21

SQLServer2005評価版

 思うところあって、家のマシンにマイクロソフトのSQLServer2005の180日評価版を入れることにする。

 Microsoft Passportの登録が要るのね...いっか。登録と。

 うが、ダウンロードサイズ、1GBもあるのか...ディスクの空きが...
 圧縮と整理しながらダウンロード。

 ああ、ダウンロード後に自己解凍ファイルを展開するのにまだディスクが...

 先は長い。

| | コメント (5)

2006.06.18

ジェットストリームアタック!

 以前、2chでも話題になった作品のようなので既知かもしれんが、まあ見ろ
 そしてマチルダさんのミディア輸送機撃墜に泣け。
 
 YouTubeで100万ビューを達成した笑激のお化け作品。

 YouTubeに上げたのは誰だか分からんらしいですが、元の製作者のページはこちら
 製作秘話が面白いっす。

| | コメント (4)

PDS-2413 ICSって

 KOの新型ロープロファイルサーボPDS-2413 ICSって、ロボ用というわけではありませんが、ドール系の皆さんにはいい感じでは?
 
スピード 0.10S/60°
トルク  8.5kg-cm
サイズ  41.0×25.4×21.0㎜  薄い!
重量   44.8g
アルミファイナルギヤ、メタルギヤ×2

定価 \12,000(税別)
洛西モデルで\8,400(税別)の模様。
(商品検索ページの簡単検索で"30044"で検索してください。)
6月末発売らしいです。
もう少し安けりゃなぁ。

今日は書斎のお片づけと、AYUMUあやすので1日潰れました。 ロボ進捗なし。

| | コメント (0)

2006.06.17

HIROMU専用機 (4)

Robo060617_1 全身。

 さて、明日くらいからサンプル品切り出してみましょうかね。


 激安サーボSG5010、まつしろさん情報で、MiniStudioさんRB303c/303dと同じみたいとのこと。
 確認しました。
 確かに、ホーンやネジ等、付属品まで同じようです。

 TowerPro製サーボをOEMとしてMiniStudioブランドとして販売している感じなのかな?
 海外では、TowerPro や SG5010、MG995はヒットするけど、MiniStudioやRB303c、RB995はヒットしないし。

 もしそうなら、とりあえずはMiniStudioさんとこの裏ブタなどのアクセサリは使えそうかも。

Robo060617_2_1 RB303cはアナログ、RB303dはデジタルとのことですが、SG5010はどっちだろ。
 eBayなんかに上がっている通販の商品タイトルでは、"High Speed & Torque Digital Servo" なんて書いてたりしますが...
(でもそもそもそんなにHigh Speed , High Torqueでもないですしね。 「価格比」ということではかなり高いと思いますが。 と思ったら、香港のやつとか、スペックが違う...確かにハイスピード、ハイトルクといっていいわ。ホントか?)


 4つばらしてみたら、ICの隠蔽処理が甘いやつが1つありました。
 といっても何も分からん...

 青で囲ってる奴はセラロックだと思うのですが、そうだとすると、デジタルなのかな?

 MiniStudioのRB303c/303dはどんなだろ(他力本願)。

| | コメント (0)

2006.06.14

激安サーボ

 HIROMU専用機のサーボはGWSのMicroMGとFutabaのS3003でいこうと思っていましたが、王国のS3003バルク版より安いのを見つけたのでそちらにしました。

Robo060613_1 TowerPro SG5010。中国製。以前話題になったMG995と同じメーカ。

 4個セットで\4,000。送料は兵庫だと\400。
 諸元は以下の通り。

 サイズ:40x20x38mm,重量38g,4.8~6.0V対応
 4.8V電圧供給時(速度:0.20sec/60deg,,トルク5.2kg/cm)
 6.0V電圧供給時(速度:0.16sec/60deg,,トルク6.5kg/cm)

 カタログスペックは、S3003より上。

Robo060613_2_1
 ギアはこんな感じ。
 樹脂ギア。
 歯型もちゃんとインボリュート曲線っぽい感じです。

Robo060613_3 バラすとこう。
 DIPのICが付いてますが、例によって隠蔽のため表面は削られており、型番は不明。

 外見上、品質などは特に問題なさそうですね。

 ホーンはFutaba互換。
 サイズやスペックや外観から、どうやらFutabaのS3010のパク...いや、互換品らしい。

 ひょっとしてS3010のスペアギアとか使えたりして。

 購入はこちらで。

 そういや、まつしろさんのところで以前レポートしてた激安サーボもTowerProだったな。

| | コメント (0)

2006.06.13

KHR-1セカンドアニバーサリーお疲れ様でした

 KHR-1セカンドアニバーサリーお疲れ様でした。

 ムービー見ました。

 ヴァルキュリア、すげえ...
 あの長身で一度も転倒なし。 いい感じでよく動くし。

| | コメント (2)

2006.06.11

HIROMU専用機 (3)

 細部の設計中。
 かなり具体化してきた。
Robo060611_1 バッテリは足裏。
 単三NiMHを片足に2本。計4本搭載予定。
 もしかしたらもう1本くらい胴体に積むかもしれん。

 足裏サイズは、念のため、次回のROBO-ONE Jクラス対応。

Robo060611_2 腕はこんな感じ。

Robo060611_3

Robo060611_4 クロー展開。
 KHR-1の脚くらいは楽に掴める。
 企画倒れにならなきゃいいが...


| | コメント (0)

2006.06.04

HIROMU専用機 (2)

 HIROMU専用機。

 現在こんな感じ。まだ、リンクやホーンなどは拘束のための暫定だったりするけど、大体イメージできてきたかな。
Robo060604_1Robo060604_2

 ああ、間違ってるよ...またガラパゴス諸島だ。
 こんな系の設計しかできん父ちゃんを許せ。

 HIROMUの希望で小さな体に大きなはさみ付きの手。
 HIROMUのイメージでは、バケットタイプの手のようだったが、面倒なので却下。
 あと、縦開きが希望だったようだったけど、実用を考えれば、横開きの方がいいだろう。
 「じゃあ回転できるようにして」とか言ってたけど、軸数が増えるので却下。

 サーボは、MicroMGは使わず、S3003あたりでいこうかと思っていたけど、小型機だとやっぱりサイズ的にちと苦しい。
 下半身はまたMicroMGにお世話になります。



 KHR-1セカンドアニバーサリー内のイベントで、東西ロボビルダーの団体戦が行われるぞ!

 東軍「ロボマスターズ」はROBO-ONE界のカリスマ軍団。
 西軍「ロボファイターズ」は関西系ロボ軍団。

 がんばれ西軍。

| | コメント (5)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »