« ロボファイト3(ORC)見物 | トップページ | airproxy入れてみた »

2006.05.11

Fedora Core 5 入れてみた

 京ぽん2用の俺サーバを立てるためにFedora Core 5 (Linuxディストリビューションの一種)を入れてみました。
 導入PCは前の会社でお世話になったtaroさんに頂いた日立のノートPC(Celeron400MHz,256MB)。
 画面は800x600でバッテリはありませんが、LANポート内蔵なのでサーバとして使うには丁度いい感じです。(ディスプレイのヒンジの部分を瞬間接着剤で固めた跡あり...)

 インストール媒体は先日買った本についてたCD5枚組み。
 指示に従って進むだけ。 簡単です。

 とりあえず起動できるようになって、他のマシンのWindows共有フォルダが参照できることも確認。
 標準で入っていたFirefoxも動く。 当然インターネットにも接続できる。

 5年程前にKNOPPIXでちょっと遊んだことがあったのだけど、その時のKDEは「こんなもん使い物になるか!」ってくらい遅かったが、今回のGNOMEはそこそこいい感じで動く。
 ただ、ハードウェアをしゃぶり尽くし、描画プロセッサメーカのドライバサポートも厚いWindowsOSと比較し、操作のもっさり感は否めない。
 クライアントPCとして快適に使用するにはかなりハイスペックなマシンが必要そうだ。

 今回驚いたのは、yumの存在。
 Microsoftで言えばWindows Updateが近い。

 これを使えば導入されているコンポーネント,ライブラリを最新版にアップデートしてくれる。
 ただし、MSのWindows UpdateがMSのプロダクトのみを管理しているのに対し、yumはFedoraプロジェクト配下以外のものも対象とすることができる(Firefox , Tomcat等)点が素晴らしい。(オープンソース系だけ?商用ソフトもできるのかな?まあ、多分商用ソフトは使わんと思うが。)
 
 インストールもこれで行う。 便利になったものです。

 とりあえず現状インストールされてる物をアップデートしておくことにする。
 142のパッケージが対象で、総量230MBもあるらしい...
 とりあえず仕掛けて寝る。 今日はここまで。

|

« ロボファイト3(ORC)見物 | トップページ | airproxy入れてみた »

コメント

WIN系から離れて遊んでみたいとは思いますが
遊ぶには本体もう1台無いと厳しいっすねぇ
デュアルブートも実験するには危険すぎますし(汗

会社のノートPCこっそりOS変えてても
案外ばれなかったりして(笑

投稿: おんぼロードスタ | 2006.05.11 21:59

 こんにちは。おんぼロードスタさん。

 そんなあなたに、Virtual Serverがフリーで使えるようになったので、コレで試してみるとか。
http://www.microsoft.com/japan/windowsserversystem/virtualserver/default.mspx
 ホストOSとしては XP Pro でも動くみたいだし、ゲストOSにLinixもサポートしてるし。

 QEMUは遅いらしいし、VMWarePlayerもあるけど環境作るのは有償版がいるし、QEMU使って環境作る手もあるらしいけどめんどくさそうだしね。

★ついで。
 taroさん、業務連絡。

 この日立ノートの管理者のパワーオンパスワード教えて。
 BIOS設定いじりたいのだけど...

投稿: いずみかわ | 2006.05.11 23:47

 日立ノートの管理者パスワード、分かりました。
 自分で設定したの、忘れてただけ。

投稿: いずみかわ | 2006.05.13 12:26

はじめましてKNOPPIXはメモリ積むとかなり、早く感じますがやっぱりCDベースですので遅いのはしょうがないですね。
Fedora Coreは、サーバーむけというかデスクトップ向けと
僕は見ています。
やっぱり、ちゃんと選ばないといろいろ入りますしね。
僕的にはFreeBSDが大好きです。

投稿: まっちゃ | 2006.05.13 21:56

 まっちゃさん、はじめまして。いずみかわです。

 KNOPPIXがCDベースなので遅いのはいたしかたないとして、昔「こんなもん使えるか!」と感じたのは、KDEのGUIとしての遅さでした。
 当時、PenⅢ450MHz(mem256MB)の環境とPenⅡ233MHz(mem256MB)の環境で試してみたのですが、その時の同一マシン上のWin2kやWin98と比べて明らかに遅いと感じました。(アプリケーション起動後、CDアクセスが無い状態(全てオンメモリで動いてた)でのイメージです。)

 その時の印象に比べれば、今回のGNOMEはかなりマシな感じですが、今回入れたマシンよりスペックの低いPenⅡ233MHz上のWin2kの方がまだまだ快適です。
(上のKNOPPIXを試した2台は今でもウチの主力機です。PenⅡ233の方がカミさんのノート、PenⅢの方が私。今、コレ打ってるのもこのマシンです。)

 ただ、最近のマシンならデスクトップOSとしても苦にならないのかもしれませんね。

 今回のFedora Coreはサーバとして使うつもりなので、インストール時にチェックを外していって、ほとんど何も入れてません。
 サーバと言ってもApacheすら入っていません。
 sendmailは入れた覚えが無いのですが、動いていたのでさっき止めました。

 正味、airproxyを動かすことだけが目的なので、Javaが動けば何でもよかったのです。
(あとはOpenVPNくらい。)

 一応、昔、DOS用のJava環境とかあったような気がして探したのですが、JavaPC Engine はいつの間にか無くなっているようでした。

 あと、ウケ狙いならOpenSolarisってのも考えましたが、今回の目的は、OSを触って楽しむと言うのではなく、楽して手っ取り早く構築と言う感じでしたので、チョイスとしてはFedora Coreがいいかな。と。
(Windows2003Server120日評価版とかいう選択肢も無くは無かったのですが...)

 長文、失礼しました。

 ところで、まっちゃさんは、まっちゃだいふくさん?
 FreeBSD好きということですので違うと思いますが。

投稿: いずみかわ | 2006.05.13 23:14

>  当時、PenⅢ450MHz(mem256MB)の環境とPenⅡ233MHz(mem256MB)の環境で試してみたのですが、その時の同一マシン上のWin2kやWin98と比べて明らかに遅いと感じました。(アプリケーション起動後、CDアクセスが無い状態(全てオンメモリで動いてた)でのイメージです。)
■確かにw私もリカバー用にしか使っていませんけどw
 遅いですよね。>Accelerated Kinoppixとかあるみたいですがやっぱり遅いですw

> サーバと言ってもApacheすら入っていません。
> sendmailは入れた覚えが無いのですが、動いていたのでさっき止めました。
■サーバーの運用上必須で入っちゃうものってありますよねー

> あと、ウケ狙いならOpenSolarisってのも考えましたが、今回の目的は、OSを触って楽しむと言うのではなく、楽して手っ取り早く構築と言う感じでしたので、
■OpenSolarisはドライバー系が少ないので、ハードが新しい場合やノートパソコンには厳しいですね。
 OpenSolarisからLinuxディストリビューション系と同じくらい変なソフト入りますしw

> チョイスとしてはFedora Coreがいいかな。と。
■CentOSとか、Debianとかが結構手がるって言われますね。>Linuxなら

>(Windows2003Server120日評価版とかいう選択肢も無くは無かったのですが...)
■wwwwww

> ところで、まっちゃさんは、まっちゃだいふくさん?
> FreeBSD好きということですので違うと思いますが。
■まっちゃだいふくでーす。
 オープンソース系のOSならFreeBSDが好きです。
 商用ならSolarisです!!

投稿: まっちゃ | 2006.05.29 06:26

>■まっちゃだいふくでーす。

 やっぱり
 「はじめまして」じゃねぇじゃん


> 商用ならSolarisです!!

 あのMVPは偽りの忠誠というワケか...


 今朝、俺サーバを起動しようとしたら、GRUBで止まって先に進まなくなった.....

投稿: いずみかわ | 2006.05.29 08:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロボファイト3(ORC)見物 | トップページ | airproxy入れてみた »