« Origami | トップページ | AD変換ユニット »

2006.04.23

KRG-1からアナログで

 さて、そろそろ動かなきゃ。

Robo060423_1_1
 いつか使おうと思って、買ったまま放置状態だったKOのジャイロユニットKRG-1。
 出力はPWMなのだけど、多くのセンサがアナログ電圧で出力することから、I/Fや手段の統一と言う意味で、アナログ測定できないか試してみました。

 方法としては、以前スミイさんのblogで質問させていただいたた、GWSのPG-03に対する改造と同じです。

Robo060423_2 ①②③からアナログ電圧が取れます。
 ①②は同じ物です。③はゲイン調整用のVRによって調整された出力となっています。
 「ゲイン」とはいうものの、実際には増幅されているわけではなく、中立からの変位量を絞っているようです。

 ①②は手持ちのテスタでは、1.37Vを中立(角速度0)として、最大で±0.4V~0.5V程度振れるようです。
 ③はVR次第で、これより小さくなるようです。
 今回ははんだ付けのしやすさと、最大幅で取りたいがため、②から取ることにします。

Robo060423_3 方法は簡単。
 2枚目の写真の「パターンカット」となっている線をカットします。
 で、3枚目の写真のように結線。

 すると、通常PWM出力される端子(付属のケーブルでは白い線)から、アナログ電圧で出力されます。

 AVR Tiny26Lに直結して確認したところでは、8ビットADCで安静時、0x80として取れました。
 非常に都合が良さそうです。 

 いや、KRG-3があればいいんですけどね。出る前にコレ買っちゃったもんで。

Robo060423_4 個人用ケータイ持ってなかったのですが、ついに買いました。
 WILLCOMの京ぽん2
 VAIO U50との連携で最強モバイル環境完成。 Bluetoothによるダイヤルアップも快適!

|

« Origami | トップページ | AD変換ユニット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Origami | トップページ | AD変換ユニット »