« ヒューマノイドロボットイベント目白押し | トップページ | 超ドデカ!!ダイボウケン »

2006.03.05

Wiportの結線方法

 イカロスさんからのリクエストで、私のとっているWiportの結線方法を紹介してみます。

robo060305_1 Asso Di Fioriのバックパックです。

 Wiport、3.3V出力のレギュレータ、miniSDスロット、サブプロセッサ(miniSDドライブ,電圧監視用)が載っています。


robo060305_2 バックパックフレームを外して基板だけの状態。
 普通のユニバーサル基板で組んでます。


robo060305_3 裏面です。
 ラッピングワイヤの嵐。
 Wiportのコネクタ部分は基板に穴をあけてあります。


robo060305_4 Wiportへの結線は、このような単芯のラッピングワイヤを剥いて突っ込んでいるだけです。
 抜けないように、ホットボンドで線を固定したりはしていますが。

 Wiportで最低限必要な結線は、シリアル送受信1チャンネルであれば、
 ・3.3V Power (1,2)
 ・Signal Ground (11,12,23,24)
 ・TXD0 (4)
 ・RXD0 (5)
の4本だけ。()内はピン番号です。複数書いてあるのはどれでもいいです。
 現在のAsso Di Fioriではこれに加えて、TXD1(16),RXD1(17)とWLAN Power LED(36),WLAN Activity LED(39)を使用しています。

robo060305_7 Wiportのピンレイアウトです。
 裏から見るとこのようになっています。


robo060305_5 使用しているラッピングワイヤです。
 単芯で、芯径0.3mm,外径0.8mmといったところです。
 すみません、数年前に買った物なのでメーカ等は覚えていませんが、「耐熱電子ワイヤ」とか書いてたような気がします。

 こんな感じです。 分かりますかね?

robo060305_6 ついでなのでバックパックを外した時のAsso Di Fioriの後姿。

 無い方がやっぱり軽いしカッコイイのだけど、今のところは打つ手なし。
 Bluetoothだと小型のがあるのでそっちも考えてしまうのだけど、電波法だとかめんどくさそうだし。 

|

« ヒューマノイドロボットイベント目白押し | トップページ | 超ドデカ!!ダイボウケン »

コメント

こんにちはイカで~す。

どもどもです。

詳細なレポートありがとうございます。ちゅうか今ラッピングワイヤー手元にナイヤー...って、言っている場合か>自分

実は工作する環境に泣かされています。いつまでもlaptop(膝の上)て言う訳にも行かず、何とかするしかない。

投稿: イカロス | 2006.03.05 15:44

 イカロスさんこんにちは。
 いずみかわです。

 お役に立ちましたでしょうか?
 私は久々にROBO-ONEシーズンにお気楽状態です。
 皆様のご活躍楽しみにしております。

投稿: いずみかわ | 2006.03.05 22:37

今日Wiportを仕入れてきました。タイムリーなレポート助かります。
これから頑張ります(^_^)q

投稿: holypong | 2006.03.06 22:35

 holypongさんこんにちは。
 頑張ってくださーい。
 holypongさん、本職だからなんてことないですよ。

 うげ、アンテナ線抜けた...直るのか...?

投稿: いずみかわ | 2006.03.07 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63074/8951426

この記事へのトラックバック一覧です: Wiportの結線方法:

« ヒューマノイドロボットイベント目白押し | トップページ | 超ドデカ!!ダイボウケン »