« miniSD買った | トップページ | 読めるだけではダメだ »

2005.09.04

見えるぞ!私にもSDの中身が見える!

robo050904_1 先日購入したSDアダプタ付きminiSD、こんな風に繋いでみました。
 SDアダプタはカードスロットとして使っています。

 いやあ、先日書いてた通り、最初はトラ技付録のR8C/15でいこうと思ってましたよ。
 なんせ、特別なH/W無しでも実装デバッグ可能な統合開発環境があって、かつ、SPIも標準装備ってんですから、MMC/SDのSPIモードでコマンド投げるなんて、初めての環境でも楽勝に違いないとか思ってましたから。

 でも、でもね、デバッグピンと、SPIのピンが共用でどっちかしか使えないの...つまり、SPI使うならデバッガが使えない、デバッガ使うならSPIが使えないという盲点を突く攻撃に打ちのめされました...
 デバッガは使うとして、汎用IO使ってソフトウェアSPIでやろうにも、M16を含め、旧三菱系プロセッサに関する有効な情報、ネット上にほとんど無いの...もうそんなに時間ないし。

 というわけで、ここ数日の調査の結論。
 ええい、どうせソフトSPIなら、使い慣れたAVRでやってくれるわ! 

 というわけで、手持ちのAVR ATTiny26L で実験。
 Tiny26のUSIを使ったSPI実装のサンプルコードはデータシートにありました...
 ソフトUARTのサンプルソースはATMELのアプリケーションノートからいただき。
 うう、最初からそうしときゃよかった。 

 今回も開発環境はいつもの通りアセンブラ。
 WinAVR(Cコンパイラ)も昨日入れといたけど、こういった操作はアセンブラでもCでもほとんど手間は変わらんし。
 それにマイコンのCって触ったこと無いため、しょうもないところでハマりそうな気がするので、やめときました。時間があれば、Cの方がフリーのライブラリが整備されてたり、サンプルソース多いのでありがたいのですけどね。

robo050904_2 なんとか今日1日かけて、miniSD内のデータを読み出すことに成功。
 ハイパーターミナルとシリアル接続し、ダンプ表示させてみました。

 パソコンで書きこんだファイルのデータが見えます。

 Tiny26はRAMが128バイトしかないため、最低512バイト単位での管理が必要なFAT互換の読み出しは無理そうです。
 読み書きは独自フォーマットで行きましょう。

 ふふふ、これでなんとか予選の自立デモ用データストレージを確保したぜ。

 8MBもあれば、izCOREで必要な20ms毎に44バイトの補間済み展開データを置いたとしても楽勝だぜ。
 最低300KBもあれば十分だからね。

 しかも、カードの交換でモーション入れ替えるなんて事も簡単。

|

« miniSD買った | トップページ | 読めるだけではダメだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63074/5774129

この記事へのトラックバック一覧です: 見えるぞ!私にもSDの中身が見える!:

« miniSD買った | トップページ | 読めるだけではダメだ »