« 正解は「MDF」です | トップページ | 落とし穴 »

2005.05.23

J-Classの方向性

 次回ROBO-ONE J-Class規定見ました。
 本クラスとほとんど変わらないじゃん。

 無線化はいいとして、予選も自律によるデモンストレーションによる審査だし。
 本クラスとの違いは、重量制限くらい。 あとは足裏、6040ですか...ここは5030かと思ってましたが。
 Assoの足裏、ずっと次回大会の大方の予想であった5030でやってきましたが、誘惑に駆られるなぁ。
 本クラスはどうなんでしょ。

 1.2Kgの重量制限も1.5kgまで緩和(?)されました。
 恐らく、オプション無線ユニット搭載のキットの重量を想定しての事でしょう。
 この1.2kg、私は大会の良心かと思ってましたが、このタガが外れたため、重量増による高性能(高価格)サーボの投入は自然の流れで、経済戦必至。 ちょっと嫌。
 廉価を旨とする自作小型機派には受難だなぁ。

 あと、with Family 特典で予選得点 +100点というのは趣旨も含め、いいと思うのですが、決勝進出枠に制限設けてもらいたいところですね。
 大抵、作るのは父ちゃんなので、予選を自律で行う以上基本的にはwith Familyかどうかで差が出ないため、決勝進出は全員 with Familyになりそう。(子供操縦の場合でも実際は子供の方が操縦うまいし。)

 ウチもHIROMU(4歳)投入の時期が来たか...

 いいのか?それで。

|

« 正解は「MDF」です | トップページ | 落とし穴 »

コメント

こんばんは。僕も大会規定でちょっと「う~ん」な感じです。本クラスとの違いは家族参加メインか否か、ほぼそれだけのような気が・・・
今後は来場者投票制度なんかも設たりして審査規定を検討して欲しい気もします。バトルっ気が強い大会から個性を評価する度合いを大きくして欲しいと思ってます。

投稿: mabotan | 2005.05.23 01:18

 mabotanさんこんにちは。
 泣き言ばかりも言ってられないので、基本的にはJも本クラスもルールが同じになったということで、本クラス対応で作ります。
 個性評価に関しては、Jの予選がこれまでの歩行速度によるものからデモの審査となったので、どちらかと言うとそういう方向に進んでいるものと判断してます。
 審査の基準があくまで審査員主観によるもので、歴史も短いことから、基準があいまいではありますが、"個性"と言うものはポイントとしては大きいと思いますよ。
 2004年夏のADO6号機(アフロ)の予選トップ通過がいい例ですね。
 来場者投票に関しては知名度や組織票等の問題がありそうなので難しいかもしれませんね。

投稿: いずみかわ | 2005.05.24 06:53

こんばんはイカで~す。

僕は見た目がそのまんまの KHR-1 ですし、第7回本戦のデモでは53/80位/台。この比率が J-Class でも同じだとすると間違いなく予選落ちですね。重量制限が1.5kgになったので、ロボフォースではやりのヨー軸追加かなぁ。

デモは苦手だなぁ。

あと、予選の8/5は金曜日ですよね。会社休まないと出場できない...

投稿: イカロス | 2005.05.25 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63074/4242019

この記事へのトラックバック一覧です: J-Classの方向性:

« 正解は「MDF」です | トップページ | 落とし穴 »