« 腕です | トップページ | 熱いぜMicroMG! »

2004.11.13

RCピニオンでメタルホーンモドキ

 新型は従来ベルト駆動だった部分を、先日の腕のように全てギア化するつもりです。
 そのギアですが、ホビーで使うにはなかなか特注というわけにもいかず、入手性と価格を考えるとおのずとRC系パーツへと行き着きます。
 RC用ピニオンは写真のようにいろんなサイズが揃ってます。
RC_pinion01.jpgRC_pinion02.jpg
 (先日某ラジコン店で京商の旧製品が1個\100で叩き売られてたので買い占めました。さすがに売れ残りばかりなので、中間的なサイズのものは無く、大き目か小さ目の物ばかりでしたが...)

 ただ、先日も書いた通り、ピニオンの軸穴径は3.17mmしかないため、サーボ直結を行うには、出力軸にあわせてボーリングしてやる必要があります。
 ↓こんな感じで。
RC_pinion07.jpg

 そのため、以下のような治具を作ってみました。例によってMDF製です。(レバーはギアの回転を抑えるためのものです。)
RC_pinion05.jpgRC_pinion04.jpg
RC_pinion03.jpg
 これでしっかりギアをホールドし、卓上ボール盤で穴を広げます。

 MicroMGの場合、もう通常のホーンを使うつもりが無ければ4.6mm,サーボを別に流用した時にホーンも使いたいということであれば4.7mmってところでしょうか。
(4.6mm程度でセレーションの山が少しつぶれる程度、4.7mmで空回りします。使用するドリルキリサキの精度にもよると思いますので、念のため御自身でご確認ください。ちなみに私のキリサキは安物ばかりです...)

 いずれにしても、サーボ出力軸にリュータ等で少しくぼみを付け、ピニオンの芋ネジ締めてやればバッチリです。分解するつもりが無ければさらに瞬間接着剤でも流し込んでやるといいかも。

 さて、ここまでギアのことばかりでしたが、2枚目の写真をご覧下さい。
 このギアの歯の部分を落として穴あけりゃ、これ、ほら、メタルホーンとしても使えますよね。

 MicroMG野郎のみなさま、いかが?
 
 ちなみに、価格としてはタミヤの物で、サイズ(歯数)違いのものが2つ入って\600程度で売っています。
RC_pinion06.jpg
 ホーンとして使うなら、51T (0.4モジュール) でギアの歯を落とした場合、直径18mm程です。

|

« 腕です | トップページ | 熱いぜMicroMG! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63074/1954046

この記事へのトラックバック一覧です: RCピニオンでメタルホーンモドキ:

« 腕です | トップページ | 熱いぜMicroMG! »