2017.07.23

バックカメラ付けました

例の中華Androidヘッドユニットにバックカメラを付けました。
Amazonで2000円くらいの。もちろん中華もの。

フィット3の場合、純正バックカメラだと、ナンバーの上のハッチの取っ手の左側に設置されるため、モニターで見ると中心がずれてしまうという問題があるため、車の注文前からルーフエンドスポイラー下の中央に設置しようと思っていました。

そこなら邪魔するものが無さそうなので死角がないんじゃないかと考えていました。

Photoしかし、実際に仮設置しながら映像を確認すると、リアウインドウやワイパーで下方向の死角が思ったより大きいことが発覚。

← 実際に図にしてみるとこんな感じです。

計算上、バンパー付近の高さで32cm以内,地面付近では約70cm以内は見えません。

まあ、図示してみればこんな感じなので当たり前といえば当たり前ですね。

Img_20170723_102809カメラはこういうのですが、いろいろ検討した結果、ナンバー上の中央にしました。
元々はそこだとリアゲートの取っ手に手を入れるのに邪魔になるのではないかと考えていましたが、段ボールでカメラのダミーを作って貼り付けてみたりして確認したところ、まあなんとかなりそうでした。

また、元々はルーフエンドスポイラーにぶら下げる形で下から上にネジの軸を刺す計画だったので、それでちゃんと映りそうなカメラを選定したのですが、ナンバー上だと垂直の壁にネジ穴を刺す形となり、像が上下逆になってしまいます。

幸い、カメラ側の設定が思ったより多彩で、鏡像・正像だけでなく、上下の反転もできたのも幸いでした。

Img_20170722_075619そうと決まれば実行あるのみ。

内装を引っぺがして、ナンバー上の鋼板にドリルで穴を開け、念のため穴の部分にタッチアップで塗装。

見えないところではありますが、一応色は近い色を選択。
私のフィットは新色なのでそのものズバリの物はまだ無いようでした。

Img_20170723_104357カメラのねじ部を穴に差し込み、念のため防水対策として穴にコーキング剤を盛り、ナットで締めます。

カメラの電源はバックライトから取りました。

Img_20170723_114639出来上がり。

狙い通り中央に設置できました。

カメラの形状がいい感じなので、取っ手に手を入れる時も邪魔になりません。

純正カメラは結構出っ張るため、この位置だと邪魔になってしまうため、中央から外れた位置に付けざるを得ないのだと思います。

Img_20170723_170535ヘッドユニット側のリバース線に繋いだので、バックギアに入れるとこんな感じで映ります。
まずまず綺麗に映ります。

カメラ単独でもガイド線を出す設定はありますが、今回はカメラ側のガイド線は消し、ナビが出すガイド線を表示するようにしています。

若干不満なのが、Amazonでの売り文句に「広角170度」とか書いていたのでそれを期待していたのですが、実際にはいいとこ150度程度の範囲しか見えないようで、残念ながらバンパーの左右の端あたりは見えません。

それほど広角でない証か、良くも悪くも写真の白線もあまり歪んでいません...

この程度の中華トラップなら笑って許せる大人でありたいものですね。(^^)
なんせ、2000円だし。

それ以外はまずまず満足です。
赤外線ライト付きで夜でも結構明るく映ります。

| | コメント (0)

2017.07.16

車載Androidヘッドユニット設置

昨日、車載Androidヘッドユニットを車に設置しました。

Img_20170715_101418フィットの場合、このナビ・オーディオパネルを外すためには、ハンドル周りのパネルから順番に外していく必要があります。


Img_20170715_101409ハンドルの下あたりから外していきます。


Img_20170715_101458メーターパネルを外します。

傷がつかないように縁には養生テープを貼りながら。


Img_20170715_103531オーディオパネルの上のエアコン吹き出し口周りを外します。


Img_20170715_104020で、やっとオーディオパネルを外せました。


Img_20170715_124812あとは装着して完了。

ヘッドユニットの周りに隙間があります。

本来はエーモンの設置キットについていた枠でこの隙間が埋まるはずなのですが、その枠よりヘッドユニットの方が縦横とも微妙に大きかったため使えませんでした。
枠の内側を削ったりしてみましたが、暑くなってきて気力がそがれてきたため、まずは設置することを優先。

とりあえずOKとします。

その内対策しましょう。

Img_20170715_124835_2ハンドル左下の、純正であればETCが付くはずのところに前の車から外したETC(フィット用にセットアップ済み)も設置。

パネルに穴が開いていなかったので、プラカッターで切って穴をあけます。
パネル裏側には、穴あけ等に切断位置に溝が掘ってありました。


Img_20170716_134416ホーム画面はデフォルトのランチャーが使いにくいので、Nova Launcher をインストール。

あとはいろいろ使いそうなアプリをインストールして完成。

ナビ専用機には無い醍醐味ですね。

アプリは TORQUE なんかもプレインストールされていました。
OBD2アダプタがあれば車の情報をいろいろ表示できそうですが、一番見たいハイブリッド周りのバッテリーやモーター情報等については、トヨタ系には対応しているものの、ホンダ系には対応していないようなので、これについては別の物を考えています。

| | コメント (0)

2017.07.15

車載Androidヘッドユニットの準備

これこれを合体させるための準備をする。

Img_20170714_231008_2XTRONS TB706APL

8コアCPUに2GBのRAMを積んだ立派な2DINサイズのAndroid 6.0機。

Amazonで3万ちょっとくらい。

Img_20170714_231122_2右側のはエーモンのフィット用取り付けキットについてたハーネス。

TB706APLから出てる線にはなんかのコネクタがついてるけど、これは切り落としてギボシで接続してやる必要があります。

Img_20170714_234426_2とりあえず電源だけ、古いノートPC用ACアダプタ(13.0V)に繋いで起動確認。

Img_20170714_234500_2ホーム画面はこんな感じ。

Img_20170714_234804_2言語設定。

中華機だけど、デフォルトは英語。
付いてたマニュアルも英語でした。

Img_20170714_234821_2もちろん日本語も選べます。

Img_20170715_002000_2普通にAndoroidなので、WiFi接続してやれば、おなじみGoogleマップも使えます。

車載時にはスマホからテザリングで接続します。

これで常に最新地図が使えます。

もちろん、ブラウザやGoogl Playからアプリをインストールすることもできます。

ポケモンGOが捗りそう。入れませんけど。

動作もサクサクです。

Img_20170715_015349一通り確認したので、ギボシ端子をつけていき、接続を確認します。

非対応線なんかもあるので、全ては繋がりません。

Img_20170715_014641TB706APLから出てる線には、一応、中国語と英語略語でラベルが貼ってありますが、
←お判りでしょうか?
同じラベルの物が2本ありました。

こちらは中国語。 "前左喇叭-" とあります。

喇叭はラッパすなわちスピーカーのようです。

Img_20170715_014726裏面は英略語で、"FL-"となっています。

これ、"前左スピーカー -(マイナス)" を表しているのですが、グレーの方の線は、"前右スピーカー -"、英略語なら、"FR-"となっているべきものでした。

幸い、線の色は規格化されているようですので、あまり混乱はありませんでした。

こんなトラップも中華端末の楽しみの一つですね。(^^)

| | コメント (0)

2017.07.10

新車納車

Img_20170709_151704先日買った中華Androidヘッドユニットを入れるために買った車が納車されました。

フィット3ハイブリッドでこないだマイナーチェンジした後期モデル。
グレードはSパッケージ

結構いかつくなった感じ。

発表(6./29)の一か月前くらいに契約したので結構早くに納車されました。

Img_20170709_173215ナビ・オーディオレスなので、2DINは空の状態。

ここに例のモノを入れます。
今日は雨なので、取付は来週末の予定。

いくらか走ってみたけど、気になる燃費はSパッケージだとカタログで 31.8km/L のところ、メータ読みで28km/L。
ワインディング上り下り、郊外路、市街地ごちゃませで。

前に車検の代車で借りたフィット3ハイブリッド前期型Lパッケージ(MC前カタログ燃費33.6km/L)を家族4人で丸1日乗り回して、ディーラにたどり着く前の渋滞で残念ながらギリギリ30km/Lを切っちゃったことがあるのだけど、慣れれば30km/Lくらいはなんとかなりそうかな。

とりあえずはナチュラルにカタログ燃費を超えることを目指します。

| | コメント (2)

2017.06.21

車載Androidヘッドユニット買った

Img_20170621_221746面白そうな物を買ったので久しぶりに書き込み。

車載Androidヘッドユニット。 2DINサイズで、車のナビやオーディオのスペースに収まるもの。

機種は XTRONSのTB706APL
OSはAndroid6.0

車をオーディオレスで買ったのでそれ用。納車はまだ先だけど。

| | コメント (2)

2015.04.30

チャリ整備

なんか久々に書き込み。
カミさんのチャリ整備。

今乗っているのは5~6年位前に買ったイオンオリジナルの安めの電動アシスト自転車。
ブレーキ周り等の整備をする。

Img_20150429_1330581前輪ブレーキ。
最近は電チャリだと大抵デュアルピボットキャリパーが付いてるようだが、安いモデルなので安っぽいシングルピボットのキャリパーブレーキ。

ぜんぜん効かないので、これを交換する。

Img_20150429_1330580購入したのは、アライ(Tektro製)800A前デュアルピボットキャリパーブレーキ。
通販で送料込み\1,350。

Img_20150429_1330583交換後。
これでかなり効くようになった。

シルバーの選択肢もあったが、あえてブラックを購入。
なんとなくカスタム感が...

Img_20150429_1330582あと、前後ブレーキのワイヤーと、内装3段変速機のワイヤーもひどく痛んでいたので交換。
後輪のローラーブレーキも鳴きが激しかったので、グリスを注入。本当は専用のグリスがあるみたいだったけど、近所で手に入らなかったので、手持ちのリチウムグリススプレーを管で注入。
おそらく本来は高温耐性のあるクロームモリブデングリスかと思われるが、まあ、スポーツ走行するものでもないので、いいでしょう。
不具合があるようならまた考えます。


| | コメント (0)

2013.08.21

FUSION の IP-Phone SMART Android公式アプリが...

ここ1年ほど、回線は IIJmioの945円SIM、端末は去年イオンで販売されたSIMフリー機NEC-102、IP電話として、FUSION の IP-Phone SMARTを使ってる。
(Willcomはほとんど眠らせてて、電話はFUSION 、メールはGMailに転送。)

SIPアプリはこれまでCSipSimpleを使用していたのだが、ついにFUSION IP-Phone SMARTの公式アプリのAndroid版がリリースされた。
http://ip-phone-smart.jp/
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.fusioncom.smartalk.android

先行してリリースされていたiPhone版と同様、アプリを起動していなくても着信するプッシュ通知による着信に対応するとのことで期待して待ち焦がれてた。

早速インストール!

でも全然プッシュ着信しねぇ~~~!

2chあたりのスレッド見てるとどうも最初の方はプッシュ着信してたけどみんなしなくなったっぽい感じのことになってる。

プッシュサーバのトラブル?

皆、期待のあまり、早速プッシュ着信のテストしまくって過負荷で落ちたか?

でも、まだそんなにたくさん使ってるわけでもないだろうから、そんなんじゃまともに使えないと思う。

期待が大きかっただけに残念。

| | コメント (3)

2012.10.04

すげえ。

まあ、見ろ。

| | コメント (5)

2012.09.25

尖閣沖海戦

例の尖閣問題。

中国では日本関連書籍等が禁止されたとか。

それが徹底されて長期間続き、中国の日本アニメファンに禁断症状が現れだした頃に日中の尖閣沖海戦でも勃発した場合、

海自護衛艦から、リン・ミンメイ「愛・おぼえていますか」でも大音響で鳴らしてやれば、雰囲気とシチュエーションに酔った中国駆逐艦艦長(熱狂的マクロスファン)が「デカルチャー!」とか叫びながら、反転して自軍に砲撃始めたりしないか?

「リン・ミンメイの歌を聴くすべての者に告げる。我らの敵はただひとつ。共産党を倒し、再び文化を取り戻すのだ!」

とか。

護衛艦が海賊対策でソマリア派遣された時に使った長距離音響装置(LRAD)なんかもあるし。

| | コメント (2)

2012.09.11

SSD入れた

今使ってるパソコンはDELLの6年ほど前のXP機。
CPUは元々Core Duoだったのを処分品で購入したCore 2 Duoに変更。
メモリは2GB。
HDDは80GB。

ちょっとビデオの取り込みとかしようとすると容量不足できついので、HDDを変えることに。
どうせなら速度向上も目指して価格もこなれてきたSSDに交換。
出だしの頃に問題になっていたプチフリなんかも最近はほとんどないみたいだし。

購入したのは Intel SSD 330 の 180GB。最近はこれが12,000円程度で手に入る。

交換前後でベンチマーク取ってみたので、以下ご参考まで。

Hddfujitsu_mhv2080bh交換前。
Fujitu MHV2080BH。

Intelssd330交換後。
Intel Data Migration Software を使用してデータを移送した直後の状態。

実はXPでフォーマットしたディスクのパーティション境界はSSDには向かない位置で切られてるため、単純に移送しただけでは性能を最大限に発揮できない。(

Intelssd330_2アライメント調整後。
書き込み速度が向上。

交換前と比べると、特に細かい単位のランダムアクセス性能が段違いで、実際の使用状況に照らし合わせれば、シーケンシャル大容量読み書きよりもこちらの向上が効果が大きい。

Intel SSD 330はSATA3対応なので、ホントはもっと速いんだろうけど、PC側がSATA1でBIOSもAHCI非対応なのでこれくらいで打ち止め。

でもまあ十分。

アライメント調整には Intelが提供している Acronis AlignTool - Intel® SSD Edition を使用。
移行に使用した Intel Data Migration Software も実はAcronis 製の機能制限版。

電源ONから15秒程度で起動する。これは速い。
これでまだ5年は戦える。

旧マシンのマストアイテムと言っていい。


| | コメント (2)

«月間新記録