2015.04.30

チャリ整備

なんか久々に書き込み。
カミさんのチャリ整備。

今乗っているのは5~6年位前に買ったイオンオリジナルの安めの電動アシスト自転車。
ブレーキ周り等の整備をする。

Img_20150429_1330581前輪ブレーキ。
最近は電チャリだと大抵デュアルピボットキャリパーが付いてるようだが、安いモデルなので安っぽいシングルピボットのキャリパーブレーキ。

ぜんぜん効かないので、これを交換する。

Img_20150429_1330580購入したのは、アライ(Tektro製)800A前デュアルピボットキャリパーブレーキ。
通販で送料込み\1,350。

Img_20150429_1330583交換後。
これでかなり効くようになった。

シルバーの選択肢もあったが、あえてブラックを購入。
なんとなくカスタム感が...

Img_20150429_1330582あと、前後ブレーキのワイヤーと、内装3段変速機のワイヤーもひどく痛んでいたので交換。
後輪のローラーブレーキも鳴きが激しかったので、グリスを注入。本当は専用のグリスがあるみたいだったけど、近所で手に入らなかったので、手持ちのリチウムグリススプレーを管で注入。
おそらく本来は高温耐性のあるクロームモリブデングリスかと思われるが、まあ、スポーツ走行するものでもないので、いいでしょう。
不具合があるようならまた考えます。


| | コメント (0)

2013.08.21

FUSION の IP-Phone SMART Android公式アプリが...

ここ1年ほど、回線は IIJmioの945円SIM、端末は去年イオンで販売されたSIMフリー機NEC-102、IP電話として、FUSION の IP-Phone SMARTを使ってる。
(Willcomはほとんど眠らせてて、電話はFUSION 、メールはGMailに転送。)

SIPアプリはこれまでCSipSimpleを使用していたのだが、ついにFUSION IP-Phone SMARTの公式アプリのAndroid版がリリースされた。
http://ip-phone-smart.jp/
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.fusioncom.smartalk.android

先行してリリースされていたiPhone版と同様、アプリを起動していなくても着信するプッシュ通知による着信に対応するとのことで期待して待ち焦がれてた。

早速インストール!

でも全然プッシュ着信しねぇ~~~!

2chあたりのスレッド見てるとどうも最初の方はプッシュ着信してたけどみんなしなくなったっぽい感じのことになってる。

プッシュサーバのトラブル?

皆、期待のあまり、早速プッシュ着信のテストしまくって過負荷で落ちたか?

でも、まだそんなにたくさん使ってるわけでもないだろうから、そんなんじゃまともに使えないと思う。

期待が大きかっただけに残念。

| | コメント (3)

2012.10.04

すげえ。

まあ、見ろ。

| | コメント (5)

2012.09.25

尖閣沖海戦

例の尖閣問題。

中国では日本関連書籍等が禁止されたとか。

それが徹底されて長期間続き、中国の日本アニメファンに禁断症状が現れだした頃に日中の尖閣沖海戦でも勃発した場合、

海自護衛艦から、リン・ミンメイ「愛・おぼえていますか」でも大音響で鳴らしてやれば、雰囲気とシチュエーションに酔った中国駆逐艦艦長(熱狂的マクロスファン)が「デカルチャー!」とか叫びながら、反転して自軍に砲撃始めたりしないか?

「リン・ミンメイの歌を聴くすべての者に告げる。我らの敵はただひとつ。共産党を倒し、再び文化を取り戻すのだ!」

とか。

護衛艦が海賊対策でソマリア派遣された時に使った長距離音響装置(LRAD)なんかもあるし。

| | コメント (2)

2012.09.11

SSD入れた

今使ってるパソコンはDELLの6年ほど前のXP機。
CPUは元々Core Duoだったのを処分品で購入したCore 2 Duoに変更。
メモリは2GB。
HDDは80GB。

ちょっとビデオの取り込みとかしようとすると容量不足できついので、HDDを変えることに。
どうせなら速度向上も目指して価格もこなれてきたSSDに交換。
出だしの頃に問題になっていたプチフリなんかも最近はほとんどないみたいだし。

購入したのは Intel SSD 330 の 180GB。最近はこれが12,000円程度で手に入る。

交換前後でベンチマーク取ってみたので、以下ご参考まで。

Hddfujitsu_mhv2080bh交換前。
Fujitu MHV2080BH。

Intelssd330交換後。
Intel Data Migration Software を使用してデータを移送した直後の状態。

実はXPでフォーマットしたディスクのパーティション境界はSSDには向かない位置で切られてるため、単純に移送しただけでは性能を最大限に発揮できない。(

Intelssd330_2アライメント調整後。
書き込み速度が向上。

交換前と比べると、特に細かい単位のランダムアクセス性能が段違いで、実際の使用状況に照らし合わせれば、シーケンシャル大容量読み書きよりもこちらの向上が効果が大きい。

Intel SSD 330はSATA3対応なので、ホントはもっと速いんだろうけど、PC側がSATA1でBIOSもAHCI非対応なのでこれくらいで打ち止め。

でもまあ十分。

アライメント調整には Intelが提供している Acronis AlignTool - Intel® SSD Edition を使用。
移行に使用した Intel Data Migration Software も実はAcronis 製の機能制限版。

電源ONから15秒程度で起動する。これは速い。
これでまだ5年は戦える。

旧マシンのマストアイテムと言っていい。


| | コメント (2)

2012.09.02

月間新記録

Robo20120901_18月は月間発電量が483kWhとなり、2年前の8月の479kWh以来となる新記録を更新しました。

Robo20120901_2システム稼動開始からの通算発電量も10000kWhを突破。

経済効果としては、この2年3ヶ月程で
売電金額:\382,896 (売電単価 \48/kWh)
自家使用により関電から買わずにすんだ額:\63,819 (7977-4938=3039kWh。単価 \21/kWhとして計算。)
----------------
計 \446,715
(概算。実際には検針日が月により微妙に変わったり、売買電はモニタの値ではなく、関電の電力メータ値による値で行われるため。モニタはあくまで目安。また、買電電力単価も使用量や燃料調整費等で毎月異なる。)

導入前試算より多く発電できているため、当初見込みより早めに元が取れそうです。
また、関電の電力単価を\21/kWhとしていますが、実際にはもっと上昇傾向にあり、計算上、元を取る期間もさらに短くなることとなりそう。

ちなみに、昨年と同じように計算してみると、2011年6月~2012年5月の12ヶ月間発電実績は 4,179kWhとなり、今回もカタログ上の期待発電量を上回りました。

設置面は理想の全面南向きではないのですが、それでも優秀。

| | コメント (0)

2012.06.26

まあがんばれ。

こないだから世間を騒がせているファーストサーバ

今となっては、ご自慢のサービスも笑い話か。(実際には有償のこのサービスで取られたバックアップも消えたみたい。)
「ある時編」「ない時編」の4コマが泣ける。

有言実行の孫さんがそう言うんだから、ソフトバンクグループのファーストサーバの賠償金は上限が無いんだろうな。きっと。
「やりましょう。」って。

不可抗力ってわけでもなく、完全に人災だし。

ユーザ企業の担当者さん達、ガンバレ!!

| | コメント (0)

2012.06.17

REGZA 32ZP2

金曜日の午前中に届きました。
通販、早いね。

録画用HDDは会社帰りに2.5インチ500GBのTOSHIBA製ベアドライブとUSB外付け用ケースを購入。

画質にはまずまず満足。
残像感も少ないし、32インチでのフルハイビジョンだと大画面機よりもピクセル密度が高いため、ジャギー感も少ない。
このモデルのパネルはLG製のようだが、同じLG製の32インチフルハイビジョン機との比較でも画質の差は明らかで、東芝のハイエンド機の映像表現は良くやってると思う。

今日HDMIケーブル買いに電器屋に行った時に多機種店頭展示品との差をHIROMUが素で認識出来るほどなので、私だけでの思い込みではあるまい。

ただ、多機種よりは少ないものの、モスキートノイズは残っている。
しかし、もうこれはあきらめた。ちょっと離れれば気にならないことにした。


うれしい誤算はPanasonic製の3年ほど前の格安HDDビデオデッキ(DMR-XE1)が、HDMIでかなりコントロールできること。
PanaのVIERA LINKと東芝のREGZAリンク、それぞれ内部的にはHDMI-CECによる機器コントロールの
+αの拡張であるため、ある程度互換性はあるのは予想できたが、思ったよりちゃんと動くようだ。

若干がっかりポイントは、古いシャープのアナログのHDDビデオ(DV-HR450)からの接続。
デジアナ変換がCATV局のラインから来ているため、DV-HR450はまだ現役稼動しているわけだが、こいつからコンポジットビデオ端子で繋いだ場合、ブラウン管TVで見たときより画質が非常に悪く感じられる。

DV-HR450には映像出力としてD端子があるので、これで繋げば改善するかもしれないのだが、D端子ケーブルは\2,000くらいする。
\1,000くらいなら買ったのだが、今更の代物なので迷い中。
用途も主に子供達のアニメとかばっかりだし。


あと、一応、偏向メガネ方式の3D機能もあるのだが、試せるコンテンツが無いため、何もしてない。

LAN周りの設定も完了。
Eメールによる録画予約も出来る。
特定のメールボックスをポーリングして、本文の録画指示文字列を使う方式。
メールボックスはなんでもいいと思っていたので、GMailでアドレスを取ったのだが、POP3サーバのポートが変更できないことが分かり、別アドレスとした。(GMailのPOP3サーバはSSLありでポート995)

気になる消費電力はワットチェッカー測定で以下の通り
 標準:80W前後
 省電力設定の「減1」:70W前後
 省電力設定の「減2」:60W前後
「減1」、「減2」はバックライトが暗くなる。
とりあえず「減1」で使うことにする。

ちなみにこれまで使っていた25インチブラウン管TV(東芝25S99)だと、視聴中は約90W前後。
実際は12年前のブラウン管でもこの程度。
インチアップもあるため、液晶TVで節電みたいな劇的な軽減効果は無い。

それより、LANだの番組表だの録画だの機能が増えた分、待機中や視聴外でのデータ処理による電力は昔より多い。

| | コメント (0)

2012.06.14

テレビ買うことにしました

アナログ停波から約1年。

磯野家ではまだまだ地デジ化されていないようですが、ウチは根負けしてついに地デジ液晶テレビを買うことにしました。
機種は東芝の32インチのZP2

去年のモデルとなりますが、ボリュームゾーンの多い32インチとしては数少ないハイエンドモデル。
新発売当初価格は約15万円だったところ、送料・税込み4.7万円で手を打ちました。
これはメーカが泣くのも分かる。

価格.comでは昨晩私がポチった直後から価格が急上昇し、1日違いで一気に5.1万円(6/14 23:00現在)まで上昇。

各店の在庫がなくなってきたところで底値を引けたようです。

結局、2年前に問題視していた地デジ画質については結局かなり妥協することに。(記事中の『②画質観点から』)

ZP2については、残像感やアニメ系の絵についてはかなり努力の後が見られるが、モスキートノイズやブロックノイズについてはもう、放送側の圧縮アルゴリズムが改善されない限りは受信側だけでのこれ以上の補正は難しそう。

あと、ZP2の残念な点としては、外付けUSB HDDに2チューナ録画できるのはいいとして、画質を選べなさそうっぽいので、画質を落として長時間の録画ができないっぽいことか。(500GBで45時間程度。)

録画映像を外部出力できないのも難点。アナログコンポジットでいいから1口だけでも付けて欲しかった。
(DTCP-IPダビングはできるが、対応機材を持ってない。)

まあ、録画はあくまでおまけ程度か。

あとは届いてから検証。

| | コメント (0)

2012.04.28

********* durch Technik

http://www.audi.jp/cube/#/quiz

http://rocketnews24.com/2012/04/27/207805/ から辿って見たときは
正解者0だったので、「よーしがんばっちゃうぞ(棒読み)」と思って朝生見ながらやってみた。

解けたので送ろうかと思ってリロードしてみたら正解者120人とか。
この先ヒントも出るみたいなので、締め切りまでに何人になるやら。

賞品の車ももらえるんじゃなくて1年貸与,抽選で1名とかだし申し込みやめた。
Audi Q3とかも趣味ではないし。

| | コメント (0)

«jQuery Mobile と PhoneGap